創作菓子 「旨石」 (うまいし) とは?

石川菓業青年会では、

石川県の食材を ふんだんに取り入れた創作菓子 

      『 旨石 』( うまいし ) を創作しました。


うまいし

2004年 石川菓業青年会が創立10周年を迎えるにあたり
「菓子処石川を全国に発信できる創作菓子を作ろう!」という声が
メンバーから自然と起こり、創作することになりました。

当時、石川菓業青年会の技術向上委員長であった村本賢治さんが中心となり、
石川の素材・食材を取り入れ、試作・研究を重ねて完成しました。
また、お菓子の包装、帯シール、ポスターのデザインもメンバーみんなで考案しました。

2004年 創立10周年記念大会にて

  村本 賢治 さん


『旨石』とは、

「旨い」と「石川」

そして石川の方言「うまいし食べて」などの意味が込められています。

加賀丸いもを練り込み蒸揚げたカステラ風の生地に、
ようかんをサンドしたカステラのイメージで作られており、
ようかんに入れる素材を替えることによって、3種類の『旨石』が完成!

塩漬け桜を使い、白手亡ようかんをサンドした「桜」
栗を使い、黒糖ようかんをサンドした「栗」
能登大納言小豆をサンドした「蓬(よもぎ)」

「蓮根」も追加発売!
生地は同じで、加賀野菜の小坂レンコンをすりおろし、
寒天で固めたようかんがサンドしてあり、しゃりしゃりとした食感が楽しめます。

しっとりとした生地にもちもちとした食感で、
日本茶だけでなくコーヒーなどにも合います。

この『旨石』はその高い創作性を評価され、
平成17年2月に全国菓子工業組合連合会理事長賞に選ばれました。 


メンバー各店によって個性があって楽しいですよ  


   石川県菓子文化会館・青年会ベージ

   北陸農政局 公式サイト
・行動するげん