FC2ブログ

菓子の贈呈シーンに「前面に出ない」 そっと遠慮した行松さん

小松支社長
・ 北國新聞 記事拡大 小松支社長 水口慶彦 (令和2年5月18日朝刊)







令和2年4月22日、新型コロナウイルス感染者の治療に日々奮闘する石川県小松市の小松市民病院のすべての職員に、かしわ餅600個を贈呈した 同市京町の行松旭松堂の七代目・行松宏展さん(49)。

「こんなときに和菓子作りの仕事に意味があるのか」
と自問していた行松さん。

手紙で
「和菓子で、ほんのひととき笑顔になってほしい」
と綴った行松さんからのかしわ餅に看護師の一人は
「涙が出そう」
とつぶやいた。


当日、病院側は、
和菓子の贈呈シーンの撮影準備をしたが、
「自分が前に出るのは本位ではない」
と彼は遠慮し、そっと病院を後にした。
  







北國 小松2
・ かしわ餅600個に感激の病院関係者 (行松さん不在) 

 















薩摩の教え 男の順序



1 何かに挑戦し成功した者


2 何かに挑戦し失敗した者


3 自らしなかったが挑戦した人の手助けをした者


4 何もしなかった者


5 何もせず批判だけしている者



























行松旭松堂