金沢市尾張町に新顔続々!和菓子、雑貨や古書店

北國新聞0510 (1)
金沢市の中心部好立地 尾張町に新顔続々!
和菓子、雑貨や古書店





北國新聞0510 (3)


大型連休、昨年以上の人出 21美は過去最多入館
北陸新幹線開業2年目のゴールデンウイーク(GW)は、最大10連休となる日並びのよさもあり、兼六園の入園者数は昨年を上回り、金沢21世紀美術館は入館者数が過去最多となった。
新幹線の乗客数は在来線特急時代の3倍と好調が続き、石川県内各地で開業効果の持続がうかがえた。

県が9日まとめた入園者数(4月29日~5月8日)は、兼六園が13万7168人で、昨年(4月29日~5月6日)の11万8840人を上回った。1日平均は1万3717人(昨年1万4855人)だった。
過去10年の1日平均は9770人で、県金沢城・兼六園管理事務所の担当者は「2年目にこれだけ高い水準を維持しているのはすごい」と話した。
金沢城公園は13万6千人(昨年15万8700人)で、1日平均は1万3600人(同1万9838人)と、過去10年の1日平均9784人の約1・4倍だった。

北國新聞0510 (2)
北國新聞



にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
・地域ニュース