和菓子「みずのいろ」が話題! 岐阜・御菓子つちや

和菓子「みずのいろ」が美しいと話題に 

空や木々を映した水の色を表現






空や木々を映した水の色をイメージした和菓子「みずのいろ」が、
「美しすぎる」「食べるのが勿体ない」と話題になっている。

みずのいろ (1)

「みずのいろ」は、岐阜県内で7店舗を展開する創業260年の老舗菓子店「つちや」で製造・販売されている和菓子。干錦玉(ほしきんぎょく)と呼ばれる伝統的な和菓子を極力薄くし、水滴のような形に仕上げている。それぞれの色はハーブを使用し、移ろう季節を映して変化する水の色を表現している。湖面に映った紅葉の紅色はハイビスカスとローズヒップ、山装う木々の橙色はオレンジピール、秋の銀杏並木の黄色はカモミール、山滴る木々の緑色はスペアミント、空の青色はバタフライ・ピーの味が楽しめる。


みずのいろ (2)

「みずのいろ」は、一枚ずつ職人が手作りするお菓子のため、購入するには予約が必要。予約後、10日ほど待つ必要があり、基本的に店頭での受け渡しとなる。価格は1箱10枚入りで税込1,080円となっている。


和菓子「みずのいろ」が美しいと話題に(御菓子つちや・岐阜) BIGLOBEニュース









御菓子つちや 槌谷祐哉 代表取締役社長は、
全国菓子工業組合連合会青年部部長を務められています。
槌谷部長
中部ブロックから初めての全国部長輩出です。

全菓連青年部2016春
・全菓連青年部2016春 集合写真








みずのいろ3000
「みずのいろ」 御菓子つちや 岐阜






御菓子つちや
 創業260年 御菓子つちや  本社・岐阜県大垣市俵町










にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
全国組織