切ると黄金に輝く栗がゴロゴロ!月よみ山路  CREA WEB

切ると黄金に輝く栗がゴロゴロ!
金沢・老舗和菓子屋のすごい羊羹



クレア
どこを切っても栗がみっちり。断面の栗占有率がうれしい。

肱岡香子のSweetsな手みやげ   CREA WEB





スイーツな手みやげ金沢篇・第2弾です。今回、ご紹介するのは、石川県小松市の老舗の和菓子屋、「松葉屋」の栗むし羊羹「月よみ山路」(648円)です。
和菓子も洋菓子も栗入りのものは数えきれない種類を食べてきた、栗好きの私ですが、この栗むし羊羹は本当においしいと思います。ひとことでいうと、栗むし羊羹は、やっぱりこうでなくっちゃ、という味なのです。竹の皮の包装を開くと、ほわっと竹の皮の香りがたちこめます。しっかり蒸し上げられた餡と栗。素朴で、滋味深い味わいです。シンプルでオーソドックスの極みの和菓子ですが、飽きることがない味です。

栗がゴロゴロと入っているので、羊羹を切る時も楽しいです。どこを切っても、断面が黄金の栗の色。甘露煮のこの栗が、また、香ばしくて、ほっこりとした口ざわりも最高です。これで1棹756円とは、申し訳ないくらいです。


コクのある、くるみのむし羊羹もチェック
「月よみ山路」という名前も風流ですよね。江戸後期の禅僧の良寛さんの「月よみの光を待ちて帰りませ 山路は栗のいがの多きに」という和歌に由来するのだそう。

クレア・スイーツ (1)
昔ながらの天然の竹の皮で包んで蒸される。包みを開けるときのほのかな竹の皮の香りがたまりません。


松葉屋の創業は江戸末期で、初代の文献にあった製法をもとに、作り上げたのがこの羊羹とのこと。江戸時代の人にとっても、栗むし羊羹はさぞ喜ばれる手みやげスイーツだったことと思います。

むし羊羹はほかに、味噌あん仕立てのくるみ(756円)があります。くるみ独特のコクがあって、こちらもおいしいです。

松葉屋の本店は石川県小松市ですが、私は金沢駅のおみやげ館で買いました。




松葉屋
所在地 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街あんと
電話番号 076-260-3752
※通信販売でも購入できます。

松葉屋 本店(石川県小松市大文字町)


クレア・スイーツ (2)







肱岡香子(ひじおか きょうこ)
フードスタイリスト。雑誌、書籍、テレビ番組などで活躍。『東京手みやげ美人』(講談社)では、大好きなお菓子をシチュエーションや相手に応じて“手みやげリスト”として紹介。


CREA WEB 切ると黄金に輝く栗がゴロゴロ!






にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
松葉屋