人生の思い出にしてもらえれば 岩手をいく2016夏

石川県菓子工業組合青年部 東北支援事業第18弾

岩手

8月2日の夜に出発し、翌日3日に宮古商業高校、山田中学校(山田高校)での菓子教室と菓子贈呈、宮古水産高校での記念品贈呈と回り、夜は宮古市菓子組合の方々との楽しい懇親会。
翌日4日は田老町児童センター、田老保育所の2箇所で菓子教室と菓子贈呈を行ってきました。
前回に続き、今回も福井県から向當 淳さんが参加下さり、越前焼の器、越前和紙など知り合いの方々からの想いの込もった品々も贈呈して頂きました。
素晴らしい人達とのご縁で、こうして沢山の笑顔を私達メンバーも頂く事が出来、元気を貰って帰ってくる事が出来ました。

今回は私の個人的な想いで、初めて息子も同行させて頂き現地の人達との交流や様子を肌で感じて貰う事も叶える事が出来ました。どう感じたかは分かりませんが今後の人生の中でチョットでも思い出して貰えればアリガタイな〜。

盛岡での【さんさ祭り】帰り道チョットだけ見学のつもりがついついパレードを最後まで見入ってしまいました!
最終日とゆう事もありメチャメチャ盛り上がってましたよ!

部長 宮向健也
委員長 那谷忠之



北國新聞




にほんブログ村 スイーツブログへ    人気ブログランキングへ
お菓子で東北に笑顔を!プロジェクト、継続