部長所信 宮向健也部長 石川県菓子工業組合青年部 

石川県菓子工業組合青年部

部 長 所 信


石川県菓子工業組合青年部 部長 宮向 健也





北陸新幹線開業に沸く、私達のふるさと「いしかわ」。
3月14日の開業以来、各メディアに取り上げられない日が無いほどです。
また、NHKでも能登地方を舞台とした連続テレビ小説「まれ」の放送が始まりストーリーも私達に縁のある「お菓子」がテーマとなっています。 
今こそ私達のふるさと「いしかわ」を全国へ発信する絶好の機会ではないでしょうか。
昨年、当青年部の前身である「石川菓業青年会」発足より数えて20年を迎えるにあたり、盛大に周年事業が開催されました。今までの歴代執行部や先輩方が築いてこられた数々の事業の積み重ねによって今日の青年部があります。また石川県菓子工業組合小出理事長をはじめとする方々のご尽力で、現在は金沢支部も新設され、県内全ての地域に於いて当青年部メンバーが活躍できる環境も整う事となりました。

私達、青年部には今しか出来ない事があると考えます。
冒険、挑戦(チャレンジ)する事でワクワク、ドキドキ出来る事もその一つです。
しかし人はなかなか失敗する事を恐れて行動を起こしづらいものです。
私自身も「ちっちゃい、ちっちゃい人間で、1人では何も出来ない男」です。
結果を恐れる事なく1歩前に踏み出す事で、きっと今までは見えなかった世界や繋がりが見えてくるはずです。
さあ!みなさん! 一緒に1歩を踏み出しましょう!!

【Smile to Smile!~かがやきの菓子処から~】

相手の笑顔が見たい時、自分自身が笑顔で接しなければ、相手も決して笑顔で応えてはくれません。
私はお菓子とは「笑顔」で食す夢のある食べ物だと考えます。
作り手である私たちが元気で楽しく、夢を持って製作してこそ、食す方々の笑顔やコミュニケーションが、そこから生まれると信じています。

「元気な地域には元気な菓子屋がある!」
以前、先輩方から良く聞いた言葉です。
私達、青年部メンバーが率先して全国へ向けて笑顔と元気を発信しましょう!!



平成27年 6月9日 
石川県菓子工業組合青年部定時総会 (石川県金沢市 金沢東急ホテル)











石川県庁にて 宮向 健也 氏
石川県庁にて






平成27年度石川県菓子工業組合青年部 事業計画

1、会員間のつながり                          
  会員家族交流会(開催地・加賀地区)、新年会(開催地・能登地区)

2、会員の資質向上
  石川県中小企業青年中央会などからの講習プログラムへの参加
  ふるさと「いしかわ」にある地域資源の掘り起こしによる勉強会

3、石川県への協力
  ふるさと「いしかわ」のPR

4、各種団体との連携、交流
  本年度石川県菓子工業組合50周年事業への全面協力
  石川県菓子工業組合事業企画委員会との連携
  三重菓子博中部ブロックブースへの企画協力
  スーパースイーツ製菓専門学校との連携
  北陸学院スイーツ研究会との連携
  石川県内若手農家との連携、交流(農菓プロジェクト)
農菓PJ (1)
農菓PJ (2)
農菓PJ (3)

5、金沢菓友会との連携、交流
  「いしかわ」をPRするために、金沢菓友会との連携、交流

6、販売促進(お客様へのPR、広くお菓子を知ってもらう)
  県内各種イベントへの積極的出店(4月さくらめぐり、5月百万石菓子百工展など)
  「石川県お菓子.collabo」サイトの更なる活用
  お菓子つくり教室の積極的開催

7、東日本大震災被災地への復興支援活動の継続
  被災地訪問を継続的に行い、現地でのお菓子つくり教室やお菓子配布の実施





にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
・行動するげん