満開の桜の中を走る北陸新幹線 石川県金沢市

満開の中を走る北陸新幹線 金沢市吉原町

北國新聞

6日の石川県内は、低気圧の影響で雨や曇りとなった。最高気温は金沢11.9度、輪島10.6度など各地で3月中旬から下旬並みを観測し、肌寒い一日となった。北陸新幹線の線路が通る金沢市吉原町では、周辺の公園などに咲いた桜が見頃を迎え、淡いピンク色の花びらに彩られた中を、新型車両が走行する光景が見られた。

金沢地方気象台は、小松と白山両市になだれ注意報を発令した。











「まちのり」利用、過去最高 昨年度・金沢市のレンタサイクル

北國新聞

市公共レンタサイクル「まちのり」の昨年度の利用回数が、
前年度比4割増の13万885回となり、過去最高を更新した。

北陸新幹線が開業した3月14日から同31日までの利用回数は1万7224回で、前年同期の3倍に伸びた。

月間の利用回数は、大半の月で前年度実績を超えた。
市は北陸新幹線の開業前から、全国放映のテレビ番組や雑誌で金沢が取り上げられる機会が増えたためとみている。

北國新聞




にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
・きまっし石川