「語る 聞く 石川の和菓子文化」 菓子工業新聞

語る 聞く 石川の和菓子文化
講演会に51名参加

菓子工業新聞 (全国菓子工業組合連合会)
全菓連・石川

「石川の和菓子文化」講演会 
平成26年9月5日(金)14時~石川県地場産業振興センター本館第6研修室において、石川県菓子工業組合金沢支部主催の講演会を開催しました。
はじめに髙木慎司金沢支部長の挨拶がありました。挨拶にもありましたように、今までの講演会は技術向上が主体でしたが、今回は知識向上がメインとなり、お客様との対話、仕事への携わり方を学びたく、講師に北陸大学未来創造学部国際教養学科教授 小林忠雄氏をお招きし「石川の和菓子文化」をテーマに講演をして頂きました。小林先生は著書も多くテレビやラジオなどでもご活躍をされておられます。
当日は、加賀・能登・金沢から51名の参加がありました。事前に先生に質問するべくアンケートをとり、たくさんの意見が集まりました。金沢の鏡餅が紅白の理由や茶道と和菓子のつながりと流れについてなど数多くの疑問にお答え頂き、石川を代表する和菓子の福梅、氷室饅頭、五色生菓子への参考意見も頂きました。
質疑応答の中では、金花糖・金華糖の漢字について、赤飯とみたまの違いについての質問があり、より詳しくお話頂きました。
講演会
最後に小出進理事長より、歴史的観点から菓子について学ぶことができましたと謝辞があり、先生への盛大な拍手をもちまして講演会は終了しました。
我々が仕事をしていく上で重要な「和菓子のはじまりと歴史」や「石川の菓子の歴史」のお話をお聞きし、今後お客様からの質問に対して自信を持って答えられるようになりました。また、先生を通じてコミュニケーションの場が増え、同業者同士のつながりも強まり、参加した青年部の会員からも、石川の菓子業界を担う者として一丸となって今後の活動を盛り上げていこうという声がありました。
2時間という短い時間にもかかわらず、お話くださいました先生に感謝し、金沢・能登・加賀の地区別にご提案くださいました石川を代表する一般菓子を参考に、今後も先生と長くお付き合いし、お互いに交流を深め、菓子処石川として恥じないよう個々の仕事に役立てていきたいと思います。

石川県菓子工業組合金沢支部副支部長・中村辰男


全菓連新聞・石川 「語る 聞く 石川の和菓子文化」













いしかわ百万石物語・江戸本店
石川県アンテナショップ 10月8日オープン

菓子工業新聞 (全国菓子工業組合連合会)
全菓連新聞・石川
10月7日に行われた石川県アンテナショップのいしかわ百万石物語・江戸本店の内覧会に訪問した。店長によると、以前あった場所から移転してのリニューアルオープンで、以前の1フロアから3フロアに拡大されたため、一般的なアンテナショップにありがちな食料品中心だけではなく、工芸品の取扱いや、観光案内、移住相談にも対応し、さまざまな石川の魅力を取り扱えるようになった。有名店の品物だけでなくこれから伸びていくような店の品物も取扱い、その数1800種類以上にのぼる。目玉は2階に展示販売している輪島塗で、普通乗用車が1台購入できる金額である。
石川県アンテナショップ
石川県銘菓「かいちん」 1階入り口には、能登の朝市をイメージした販売コーナーがあり、新鮮な加賀・能登野菜を販売している。その奥には水産加工品・農産物加工品・レトルト食品などの加工食品やしょうゆ・みそ・塩などの調味料をはじめ数多くの食料品を取り揃えている。地下1階は、和菓子を中心に日本酒やワイン・ビールなどの酒類、珍味の他、石川の味覚を味わえるイートインコーナーが設けられている。2階は、九谷焼・輪島塗・山中漆器をはじめとする伝統工芸品、アクセサリーやインテリア用品などの生活雑貨、加賀棒茶・金箔コーヒー・和菓子などをいただけるカフェスペースの他に、観光コンシェルジュによる観光案内や移住アドバイザーによる移住相談コーナー(予約制)がある。
カフェスペースのカウンターには輪島塗を、食器は九谷焼を使用し、石川の魅力を食べると同時に直に見て触れることができる。また、カフェで使用している食器類の販売もしている。床材は金沢城の石垣や兼六園の石橋・庭石に使われている戸室石を、天井には石川県産の和紙を使った照明を、壁のタイルには九谷焼を用いるなど装飾にもこだわり、内装からも石川県を発信している。スタッフのネームプレートには、石川県の北陸新幹線開業PRマスコットキャラクター"ひゃくまんさん"が描かれている。

全菓連新聞・石川 「石川県アンテナショップ 10月8日オープン」




にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
全国組織