開業日は「3月14日」 北陸新幹線 東京-金沢2時間28分

北陸新幹線、開業日は 来年 3月14日(土)


北國新聞 (1)
(北國新聞)


北陸新幹線、来年3月14日開業  
東京―金沢を2時間28分

北國新聞 (2)
北國新聞 (3)


JR東日本、西日本は27日までに、北陸新幹線長野―金沢の開業日を来年3月14日 とすることで合意した。同日午後に正式発表する。最速列車の「かがやき」は1日に10 往復運転し、東京―金沢を最短2時間28分で結ぶ。東京―富山は最短2時間8分となる 。開業に合わせ、福井―金沢に特急列車を1日3往復新設するなど、新幹線と在来線の接 続向上を図る。
開業日は、JR各社の春のダイヤ改正日に合わせて決めた。「かがやき」は速達性を重 視し、長野以西は、富山と金沢にのみ停車させる。東京―金沢の停車駅は、東京、大宮、 長野、富山、金沢となり、一部は上野にも止める。
「かがやき」より停車駅が多い「はくたか」は1日15往復で、うち1往復を長野―金 沢とする。飯山駅は一部通過するが、上越妙高―金沢は全駅に停車する。
北陸新幹線の新型車両「E7系」「W7系」は、12両編成で全934席あり、東京― 金沢の直通列車は「かがやき」と「はくたか」の合計で1日25往復、年間約1700万 席が設定されることになった。
金沢―富山を往復するシャトル便「つるぎ」は1時間に1本、1日18往復運転する。 東京-長野は「あさま」を1日16往復走らせ、一部は8両編成の「E2系」で運用する 。
北陸新幹線の開業に伴い、特急「サンダーバード」と特急「しらさぎ」は、金沢から富 山方面への乗り入れをやめる。金沢―和倉温泉は、特急列車を5往復運転する。
越後湯沢―金沢・福井・和倉温泉の特急「はくたか」、新潟―金沢の特急「北越」、金 沢―富山・泊の特急「おはようエクスプレス」は廃止し、新潟方面へは上越妙高―新潟に 新特急「しらゆき」を5往復させて代替する。
このほか、新潟―新井の快速「くびき野」、直江津―長野の快速「妙高」も廃止し、新 潟―新井に快速を2往復、新潟―糸魚川に快速を1往復それぞれ新設することを決めた。

北國新聞ニュース 北陸新幹線3月14日開業 東京-金沢2時間28分



にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
・きまっし石川