金花糖(きんかとう) 加賀銘菓の越野

加賀銘菓の越野
加賀銘菓の越野  越野英一さん  (石川県金沢市東山2丁目)



金花糖(きんかとう)
和風総本家 (20)
TV「和風総本家」

金花糖と有平糖の違いは金花糖は砂糖水を煮詰めて、鍋を火床から 降ろして棒で攪拌して、白くなるまで回し、桜材の割り型の穴から流して、中を空洞にする為に、すぐに鍋に戻して作るのに対して、有平糖は砂糖水に水飴を少し加えて金花糖の時より強く煮詰めてから、別の冷やし容 器に流し込み水に浮かべた容器を回しながら、なるべく最小限の手加減で透明な飴の状態まで冷まします。
それを小さく切り、暖めながら、ひとつずつ手作りで「さくら」「つくし」「わらび」などに仕上げます。

金花糖は、板状のものと中が空洞の2種類があります。
中が空洞の金花糖は、当時としては南蛮人が持ち込んだ貴重な砂糖を用いて造ったと考えられます。
現代とは違って砂糖で作られた金花糖は、高価な、もてなしのお菓子であったと考えられます。
長崎から伝わった砂糖文化は九州から上方を経て江戸へと伝えられ、その文化は諸国の大名によって各地方に伝わり、その土地の風土、風習の中で育まれ、生姜糖、ハッカ糖、棒に付けた金花糖、又子供が喜ぶ可愛い動物達や、お正月の縁起物等、色々な金花糖が各地にあります。





加賀銘菓の越野 (3)
加賀銘菓の越野 (2)
加賀銘菓の越野 (1)
菓子業界の事業に積極的に取り組んでいる越野さんです 


加賀銘菓の越野は東山界隈にあります。
店の横の小路を一歩入ると、金沢三大寺院群のひとつ卯辰山麓寺院群があり、
そこには大通りの車の騒音などもなくとても落ち着いた静かな空間が広がっています。

加賀銘菓の越野 (石川県金沢市東山2丁目)






にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
加賀銘菓の越野