古くから交流があった山陰・北陸 「因幡と能登」白うさぎ伝説

石川県羽咋市の長手島に残る伝説



白うさぎが長手島の妙成岩から滝崎までサメをだまして渡ろうとして
毛をむしりとられて苦しんでいたところを大国主命に助けられたというのが
「能登の白うさぎ伝説」です。
日本海交流


白うさぎの伝説といえば因幡。

因幡の白うさぎ伝説と内容がほとんど同じ。

出雲の大国主が北陸で多く祀られていることからも、
山陰と北陸の交流は、昔から盛んであったと思われます。

グーグルマップ
日本海交流

「日本三大菓子処」という共通点からも
今後「本当は近い」ルートでつながっていけたら嬉しいですね!


ご当地のみなさまとのさらなる交流を楽しみにしております!




松平不昧公
松平不昧公
松江藩7代藩主。茶道と和菓子文化を振興しました。
松江の茶と菓子(JR西日本)










にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
・行動するげん