「倍返し!」石川の菓子業者に半沢直樹効果

北國新聞

石川の菓子業者に「半沢直樹効果」 
あめ、まんじゅうに注文殺到




北國新聞 (1)
           北國新聞 (2)


高視聴率で話題となったTBS系の連続テレビドラマ「半沢直樹」の人気が、石川県内の菓子業者にも及んでいる。金沢出身の主人公の半沢を演じた堺雅人さんが作中で手にした「じろあめ」を扱う「あめの俵屋」(金沢市)には全国から注文が殺到。TBSの依頼でドラマゆかりのまんじゅうを製造する長豊製菓(能美市)では生産が追いつかない状況で、うれしい悲鳴が上がる。
創業183年の老舗である俵屋のじろあめは、15日放送の第9話で登場した。上戸彩さん演じる半沢の妻・花が買ってきた金沢土産の中から、半沢がお気に入りの品として手に取ったのが俵屋のあめだった。
放送翌日、金沢市の俵屋本店では注文の電話が鳴りやまず、10日たった現在でも遠方から足を運ぶファンが多い。
長豊製菓が手掛けるのは、半沢の決めぜりふを冠した「倍返し饅頭」だ。テレビ局と取引実績がある問屋を介して商品の発注があった。同社はNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の黒糖まんじゅうも製造している。
黒糖を使った皮に「倍返し」との焼き印が押され、包装には半沢の名刺がデザインされている。販売しているのは都内のTBSグッズショップのみで、県内では手に入らない。
TBSグッズショップでは一日30分以内に売り切れる人気ぶりで、発売1カ月余りで5万2千箱を売り上げた。得田恭平工場長(41)は「ドラマの続編が決まり、また製造依頼があればうれしい」と話した。




北國新聞 (3)

北國新聞 石川の菓子業者に「半沢直樹効果」あめ、まんじゅうに注文殺到




にほんブログ村 スイーツブログへ   人気ブログランキングへ
・ほっとタイム