百花繚乱 春を彩る金沢の和菓子

百花繚乱 春を彩る金沢の和菓子


アクタス4月号 
アクタス4月号



昔から茶の湯が盛んな金沢は京都、松江とともに「日本3大菓子処」といわれてきた。金沢の和菓子は、茶席に欠かせない上生菓子をはじめ、落雁、最中、饅頭、羊羹、煎餅、餅菓子など実に多彩で、しかもレベルが高い。藩政期以来、金沢のまちと人に磨かれてきた和菓子は今、春を迎えて爛漫の華やぎを見せている。郷土に生きる人々のあらゆる営みを描いていく「ふるさとの森羅万象」の第4回は、「銘菓ここにあり」の矜持を胸に和菓子づくりに打ち込む人々にスポットライトを当てた。


undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined



にほんブログ村 スイーツブログへ  人気ブログランキングへ
・ほっとタイム