東京三の丸尚蔵館 明治天皇御下命「人物写真帖」 

東京 皇居(江戸城跡) 大手門
東京
東京

明治天皇勅命の人物写真帖の企画展が開催中です。
東京
undefined
宮内庁 三の丸尚蔵館


undefined
undefined




撮影者の中に金沢の写真師が撮影していたことがわかったと
北國新聞に掲載されていました。


北國新聞 平成25年2月24日
北國新聞
明治天皇の勅命でつくられた皇族や政治家、軍人らの肖像写真集「人物写真帖」の撮影者の中に、石川県で最初の写真館を金沢に開いた吉田好二(こうじ)がいたことが、23日までに分かった。写真帖は勝海舟、伊藤博文ら明治維新に活躍した人物も多く登場し、国内に写真が普及するきっかけになった。吉田は軍人や判事ら85人を金沢で写したとみられ、地方にいた当時の写真師の実態を知る上でも貴重な手掛かりとなりそうだ。

北國新聞
宮内庁三の丸尚蔵館(東京)によると、写真帖は1879(明治12)年、明治天皇が信頼する臣下らの写真を手元に置きたいとして、当時の宮内省のトップ宮内卿に編さんを命じ、大蔵省印刷局の写真撮影所が作成を担当した。4531人の写真約9千枚が収録されており、多くの政府高官らが撮影を経験したことが、その後、国内で写真が急速に広まる契機になったという。多くは印刷局で写されたが、約1700枚の台紙には印刷局の印がなく、印刷局以外で写したとみられる。このうち494枚には37種類の写真師・写真館の名が記され、この中に吉田好二の名があった。所在地は「石川縣(けん)金澤淺野(あさの)川御歩町(おかちまち)」とあり、台紙は黄色で形は角丸だった。
(北國新聞)



江戸城跡から大手町方向へ
undefined
今と昔がここにある、そんな場所東京です。

undefined
玉ゐ 日本橋本店

undefined
undefined

undefined
undefined
三の丸尚蔵館(皇居東御苑内)

明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」四五〇〇余名の肖像

3月10日まで







にほんブログ村 スイーツブログへ     人気ブログランキングへ
・ほっとタイム