fc2ブログ

ステキなお話をお聞きして

  裏千家青年部で北陸のお役を務める行松宏展さんが
  
  先日、全国委員会で東北・宮城県の茶道青年部の人にお会いし、
  とてもステキなお話を聞きました。

東北へ



  その方は、宮城県に住んでいる方で、被災されましたが、
  津波の被害はなく、ご自宅で住まいされているそうです。

  宮城県に住んでいらっしゃるので、皆さんなんらかの被災は
  されているのですが、
  茶道をたしなむもの(まだ気持ちの余裕のあるもの)同士が集まり、
  避難所で一服差し上げよう、という話になったそうです  





  ただ、ご自宅を流された人、身内に行方不明の方がいらっしゃる人、
  まだまだそのような状況ではないのではないか、罵倒されるのでは
  ないか、受け入れられないのではないか、等々

  様々な不安を抱えながら避難所へ行かれたそうです。



  そして皆さんで避難所にいらっしゃる人たちに一服差し上げたそうです。


  子どもたちはお菓子を大喜び! 「チョコレートはないの?」

  お年寄りは涙を流して喜んだということです。





  避難所によっては受け入れられない人もいらっしゃるようですが、
  その多くの人たちが
 「あたたかい心のこもったあたたかい一服」
  を喜ばれた、とのことでした。


  そしてその人はおっしゃいました。

 「義援金も欲しいけれど、今、私はお茶とお菓子がほしい」 と。




  この話を聞いた行松さんはすぐ工場長の浜中さんに伝えたところ、
  浜中さんもお菓子を送ることに賛同し、

  行松さんは せんべい 300

  浜中さんは 押し物 300

  を作り上げ、すぐに東北へ送りました。

東北へ

東北へ

 「ほんの少しでも、一瞬でも、心の安らぎが訪れますよう、

  二人で心をこめて作り、お送りしました。

  これからもコンスタントにお送りさせていただきます」

  と行松さん

東北へ





  行松宏展さん(右)と浜中剛工場長
行松旭松堂
 「一緒に被災した地元の人だから、
  呈茶も受け入れられたのかもしれません。

  その行動に感動しました」



  ステキなお話をお聞きしてすぐ行動に移す行松さんにも感動です 





  行松旭松堂   石川県小松市京町





  にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ        人気ブログランキング 北陸 または お菓子へ
行松旭松堂