FC2ブログ

県と小松市に100万円寄付「医療スタッフに」と江口充氏

江口社長 (1)
江口社長 (2)
北國新聞







江口組 (2)





小松市へ (1)
小松市へ (2)
・ほっとタイム 

『旅する和菓子』で旅気分を味わう 自宅で全国の和菓子を

旅する和菓子
福井県 伊勢屋 六代目 上田浩人氏





ご自宅で、全国の和菓子を

全国の和菓子屋仲間が声をかけ合い、各地方の和菓子を集めた特別な詰め合わせ『旅する和菓子』。
「今は旅行はできないが、各地のお菓子を食べてちょっとした旅行気分を味わってほしい」と伊勢屋の上田さん。

今回は第3弾

・島根県『吉岡製菓』
3代目が作る和菓子、洋菓子の垣根を越えた新しいジャンルのお菓子が注目を集めています。
「ふまいこん」「ふまいこんベビィ」
珈琲にしかあわないチーズまんじゅうと牛乳でもいけちゃうミルクまんじゅうの組み合わせ。

・山形県『乃し梅本舗 佐藤屋』
1821年創業の山形県の老舗和菓子屋。和菓子をちょっと自由に、をモットーに8代目が新しい和洋菓子を提案しています。
「甘露梅」
銘菓「乃し梅」をかためずにジャム状のまま瓶詰めしました。そのまま、またジャムとしてパンやヨーグルトとともに。

・福井県『伊勢屋』
創業天保元年の福井県の老舗和菓子屋。夏はくずまんじゅう、冬は丁稚羊羹が名物です。
「水菓子」
平成の名水100選に選ばれた雲城水を使った桃の葛餅、梨のゼリー、日本酒ゼリーです。

・広島県『蜜屋』
「檸檬の花」
白餡のおまんじゅうで広島産レモンと宮島産はちみつのコンフィチュールを包みました。
「乙女のひととき」
宮島産蜂蜜に漬け込んだドライフルーツが珍しい、新感覚の創作どらやきです。






これまで第1弾は、蜜屋のチーズまんじゅうと石川県金沢市の「吉はし」の干菓子、栃木県足利市の「香雲堂本店」のせんべい、埼玉県川越市の「元町珈琲店ちもと」のコーヒー豆の4点セット。

4月下旬からの第2弾は、チーズまんじゅうのほか、滋賀県のクッキー、岩手県のどら焼き、神奈川県の最中の詰め合わせ。

第4弾もお楽しみに



 「旅する和菓子」ご紹介 広島県 蜜屋



全国組織

上生菓子「ヨゲンノトリ」 金蝶園総本家 八代目 北野英樹さん

「ヨゲンノトリ」とは、山梨県立博物館の所蔵品「暴瀉病流行日記」に描かれていた白と黒の二つの頭をもった不思議な鳥のことです。

金蝶園 (2)
その日記によると、安政四年十二月に加賀国(石川県)の白山に現れ、
翌年に流行するコレラを予言し、「私の姿を朝夕に拝めば難を逃れることができるぞ」と語ったと言われております。



疫病退散! 不思議な力 「ヨゲンノトリ」
金蝶園 (3)
アマビエをお菓子にした以上、このヨゲンノトリも金蝶園総本家が誇る職人達がお菓子に仕上げました。



金蝶園 (4)
上生菓子のモチーフとしてウグイスや水鳥など、鳥を作ることはありますが、2つの頭を持つ鳥となると思ったよりも難しく、一見アマビエよりもシンプルですが、時間がかかってしまいました。



北野八代目
現在も好評頂いている「アマビエ」の上生菓子とご一緒にいかがでしょうか。

金蝶園総本家 八代目 北野英樹





金蝶園 (5)
金蝶園 (1)
金蝶園総本家 岐阜県 大垣市高屋町






全国組織