FC2ブログ

そして 令和へ 柴舟小出

伝統を守りながら、新しい時代の和菓子づくりを
奉祝令和 (3)
(北國新聞 令和元年5月1日)







奉祝令和 (3)
北國新聞




柴舟小出
柴舟小出 石川県金沢市




柴舟小出

祝 令和元年記念 きんつば中田屋

 令和元年記念
奉祝令和 (2)
(北國新聞 令和元年5月1日)








「令和」の時代の幕開けを記念し、きんつば中田屋では新商品「きんつば 梅」を期間限定で販売いたします。

白小豆に梅の風味が香る甘酸っぱい「きんつば梅」
「日本のイメージ」をコンセプトに「梅」に決定しました。

~梅花の歌~
初春の令月にして
気淑く風和ぎ
梅は鏡前の粉を披き
蘭は珮後の香を薫す

図らずも「令和」の由来の万葉集と「梅」繋がりになりこの上なく喜ばしい限りです。

一口目はフルーティな味わい
二口目は甘酸っぱい梅の香り
食べ進むごとに梅の風味が押し寄せる

新商品「きんつば 梅」は5月1日~5月31日の期間限定販売です。
是非、お召し上がりください。


中田屋
きんつば中田屋 石川県金沢市







きんつば中田屋

落雁「万葉の花」をリニューアル「令和の梅」 落雁 諸江屋

 令和
奉祝令和 (1)
「令和の梅」 落雁 諸江屋






万葉の花
万葉の花(名誉総裁賞)
2008年第25回全国菓子大博覧会(姫路大会)名誉総裁賞受賞

万葉の歌人たちに愛された野の花たち。
日本人は昔から、風にそよぐ花、雨に打たれる花と自然の中の花々に心を引かれてきました。
金沢では、ひと足 野や山に踏み入れますと、優しい花たちに包まれます。
花の姿、色、香り-花々の息づかいを、古くより伝わる木型をもって作り上げました。
「万葉の花」-和三盆糖、 寒梅粉、小豆とそれぞれの風味を生かした美味しさでございます。







北國新聞・諸江屋
(北國新聞)






江戸時代末の嘉永二年(1849年)創業
諸江屋
落雁 諸江屋 石川県金沢市


落雁 諸江屋