FC2ブログ

「時に初春の令月にして 気淑く風和ぎ」 梅花の歌より(万葉集)

時に、初春の月にして、気淑く風

梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。



日本の古典「万葉集」の巻五、梅花(うめのはな)の歌 三十二首の序文




時は初春の令月(何事をするにも良き月、めでたい月)、空気は美しく(瑞祥の気配に満ち)、風は和やかで、梅は鏡の前の美人がおしろいで装うように花咲き、蘭は身を飾る衣にまとう香のように薫らせる。




菅 官房長官
2019年4月1日 新元号「令和」を発表する菅 義偉 官房長官




北國
(北國新聞)



テレビ発表
「新元号・令和の典拠は、万葉集の梅花の歌から」




好感









・ほっとタイム