「百万石まつり2018」 6月1日(金)~3日(日) 石川県金沢市

百万石まつり

加賀百万石の伝統と文化を彩る金沢最大の祭り

金沢 百万石まつり

2018年6月1日(金)~3日(日)

石川県金沢市 各所






城下町金沢の勇壮かつ華麗な祭り「金沢百万石まつり」は、藩祖前田利家公が天正11年(1583年)金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業を偲んで開催されるもので、加賀百万石の伝統と文化を彩る豪華絢爛な一大イベントです。

そのメインイベントとして約4時間にわたって繰り広げられる「百万石行列」は、
6月2日(土)14時に金沢駅東広場前からスタートし、金沢城公園に入城します。


百万石行列2018

今年は、前田利家公役に俳優の高橋克典さん、前田利家公の正室・お松の方役に女優の羽田美智子さんが決定しました。


百万石まつり とは





百万石行列
これまでの歴史 (1)
これまでの歴史 (2)
これまでの歴史 (3)
(昨年のようす)














金沢 百万石行列でひときわ目を引く 赤母衣衆 (あかほろ しゅう)
赤母衣衆
母衣(ほろ)とは、戦国時代の伝令騎馬武者が矢を防ぐために背に装備した武具で、「母衣衆」は馬廻の中でも特に精鋭の者たちが選ばれました。


戦国

織田信長の軍には、赤と黒の母衣衆(それぞれ約10人)がおり、われらが前田利家は「赤母衣衆の筆頭」として数多くの戦場を駆けました。



スマホのない戦国時代、重要な情報の伝達はこの母衣衆が担当していました。

どんなに混乱する戦場でも生き残り、現場から現場へと只今の現状を伝えるそのため母衣衆とは、武功に優れたエリートが選抜されました。
なるほど主の側近中の側近であり、母衣衆の中からはのちに大名になる者もあらわれました。




戦国2
黒母衣衆の筆頭は佐々(さっさ)成政だったと言われ、彼は越中(富山県)国主にまでのぼります。
その後、前田利家は佐々成政を 末森城の戦い(石川県宝達清志町)で撃破。
前田利家は豊臣秀吉の天下統一をナンバー2として支えつづけました。

豊臣秀吉自慢の黄母衣衆は、主君であった信長の母衣衆に倣ったと言われています。









これまでの歴史 (5)
これまでの歴史 (6)
これまでの歴史 (7)



百万石まつり 2018




・きまっし石川

百万石まつり限定和菓子「珠姫てまり」をPR!

珠姫てまり (1)
珠姫てまり (2)
(北國新聞)






百万石まつり限定の和菓子「珠姫てまり」

「珠姫てまり」は、加賀百万石三代藩主前田利常公に御輿入れされた珠姫様をイメージして創作された和菓子。
金箔の華やかさと、手まり麩の可愛らしさを折り合わせ、珠姫さまが優雅に手まりと遊ぶ様子を表しています。
金箔をあしらい手まり麩をのせてあります。
珠姫さまが、てまりで遊ぶ様子が目に浮かぶ可愛らしい和菓子です。 
珠姫てまり
珠姫てまりは、金沢菓友会が1994年(平成6年)金沢菓子博のおり
開発したお菓子で、この「百万石まつり」 に合わせて
期間限定で販売されています。





・ほっとタイム 

金沢の中崎功雄氏 韓国ソウルにて和菓子作りの技を披露

「和菓子の魅力を伝えます」

中崎氏in韓国 (1)
韓国ソウルでの中崎功雄氏 (石川県金沢市 なかざき生菓子店)















山野之義金沢市長に出発のあいさつ
中崎氏in韓国 (2)
(北國新聞)



中崎氏in韓国 (3)
山野金沢市長と







韓国ソウルに到着した金沢市派遣団
中崎氏in韓国 (4)

多くの方々が足をとめて興味深そうに見ていました。
中崎氏in韓国 (5)
中崎氏in韓国 (6)
中崎氏in韓国 (7)
中崎氏in韓国 (8)
中崎氏in韓国 (9)
帰国後、山野市長に報告(北國新聞)




中崎氏in韓国 (10)
「韓国の方たちに、日本の和菓子文化にふれていただきました」

中崎功雄 なかざき生菓子店  石川県金沢市瓢箪町



なかざき生菓子店

祝!ご結婚! 粟森梅月堂 粟森 剛さん 紀子さん

粟森梅月堂  石川県金沢市大野町

祝!!友よ!!
祝!わが友よ!!











祝 ご結婚  粟森 剛さん 紀子さん
祝!!友よ!! (2)
結婚式・披露宴 2018年 5月 20日(日) 石川県金沢市大手町










式の直前、(予定通り)チームオレンジの仲間たちが祝福に集まりました!
集い☆
全員、いつも以上にウッキウキ(ウッキャウキャ)です

オレンジチーム (1)
(熱気ヤバくない?)   (・・・どしよ?)





粟森梅月堂の粟森 剛(つよし)さんと県職員の紀子(のりこ)さんは
石川県が推進している「オレンジリボン運動」で知り合いました。
絆
祝福
オレンジリボン運動とは、
子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、
子ども虐待をなくすことを呼びかける運動です。



『子どもの笑顔を守ろう』
オレンジチーム
長年にわたり「親子で一緒に和菓子作り体験」事業を、全員一致協力して継続しています。








Friends of the life

お祝い発起人 和菓子チームリーダー 中村辰男さん
「あわ。ホントにおめでとう」 粟森さんを弟と思う中村さん、嬉しそうです。
オレンジチーム (2)
「オレンジチーム」とは、オレンジリボン運動を展開する
石川県健康福祉部少子化対策監室家庭福祉グループと石川県の和菓子職人で構成する、いかなる時も息の合った連携をみせるコラボ組織です。



オレンジチーム (3)
オレンジチーム (4)
オレンジチーム (5)




仲間たちから祝福されるお二人
オレンジチーム (6)
オレンジチーム (7)
オレンジチーム (8)


異動の県職員に、中村さんから花束贈呈
オレンジチーム (9)
オレンジチーム (10)
オレンジチーム (11)

お二人の未来に! 乾杯!
オレンジチーム (12)
オレンジチーム (13)
オレンジチーム (14)



おめでとうございます
オレンジチーム (15)
オレンジチーム (16)



青年部より
菓子工業組合青年部の後輩たちより  若手からも愛される粟森さん




結婚披露宴
祝!!友よ!! (4)
祝!!友よ!! (5)
新郎の粟森 剛 さん、和菓子作りの技を披露!



祝!!友よ!! (6)




美しく、清楚で朗らかな花嫁と、目を潤ませる新郎の粟森さん
祝!!友よ!! (7)
剛さん 紀子さん 末永くお幸せに 









「みなさん、ありがとうございます!」
オレンジチーム (17)
オレンジチーム (18)








チームオレンジ(石川県&菓子工業組合)の絆を、さらに強くするお二人です
祝!!友よ!! (1)


拡大
拡大画像






粟森梅月堂  石川県金沢市大野町

粟森 剛  紀子








粟森梅月堂

創業明治38年 田中屋 田中伸治社長が登場!

田中屋は明治38年創業。

伝統の技を受け継ぎ、四季の彩りを添えた田中屋の『和菓子ものがたり』。
和菓子が持つ懐かしさを感じさせる日本の文化と味覚の繊細さをご賞味ください。






ほぼ本人!ソックリ! 漫画家村瀬いくえさん、お見事です!
女流俳人・加賀千代女生誕の地をいくと、田中屋さんが。
アクタス
月刊北國アクタス6月号 北國新聞社






田中屋 (1)
田中屋 (2)

田中屋  石川県白山市東新町



田中屋 

和菓子の力 石川県菓子工業組合事業企画委員 那谷忠之

全国菓子工業組合連合会 発行「菓子工業新聞」 2018年 5月15日


全菓漣 (1)
全菓漣 (2)






ある年配の男性が『菓子教室はしたくない、お茶も飲みたくない、でもお菓子は欲しい』と言ってきたのです。
大急ぎで上生菓子(天の川)を作り、その方にお渡ししました。
しばらくすると、またその男性が現れ『もう一度さっきのお菓子が欲しい』と。再び渡すと、その男性はご自身が生活している区間へ行き、直ぐに戻って来て、ポツポツと話をし始めてくれました。『貰った上生菓子を、歩くのが困難な妻へ持って行ったところ、こんな美しいお菓子は今まで見た事もなく、とても喜んだ。だからお礼を言いに来た』と。

全菓漣 (3)

全菓漣 (4)


この男性と出会った事で『和菓子は和む菓子、菓子が持つ魅力やパワーは素晴らしい物である』事を認識し、菓子を生業にできる事の誇りが生まれました。

石川県菓子工業組合事業企画委員・那谷忠之


松葉屋 

「不変のこころ」で 静かに変わり続ける 柴舟小出 創業100年

挨拶する 小出 進 代表取締役社長

小出進氏 (1)

2018年 5月16日  株式会社 柴舟小出 創業100年 感謝の会



小出進氏 (2)
先達への感謝











不変の心
北國新聞


100周年
歴史 (1)

あゆみ (1)
あゆみ (2)
100周年



北國新聞・翌日




北國新聞全面


北國新聞 拡大
北國新聞 拡大




北國新聞 (2)北國新聞 (1)
(クリック 拡大)






「手のぬくもり」が伝わる菓子づくりを

「不変のこころ」で静かに変化し続ける

柴舟小出  石川県金沢市



柴舟小出

2018 百万石菓子百工展(金沢城公園)のようす

2018 百万石菓子百工展のようす





金沢城菓子物語「百万石菓子百工展 2018」 5月3日(木)~5日(土) 

金沢城公園(石川県金沢市)



2018菓子百工展 (1)
2018菓子百工展 (2)
2018菓子百工展 (3)
2018菓子百工展 (4)
河北門での金沢菓友会による和菓子ふるまい







2018菓子百工展 (5)
2018菓子百工展 (6)
毎年人気!気軽に和菓子づくりに挑戦できる菓子づくり体験工房


2018菓子百工展 (7)
2018菓子百工展 (8)
2018菓子百工展 (9)
2018菓子百工展 (10)
2018菓子百工展 (11)
2018菓子百工展 (12)
2018菓子百工展 (13)
2018菓子百工展 (14)
2018菓子百工展 (15)
2018菓子百工展 (16)
2018菓子百工展 (17)
2018菓子百工展 (18)
2018菓子百工展 (19)
2018菓子百工展 (20)
2018菓子百工展 (21)
大勢のご来場者が菓子づくりを通じて百万石の菓子文化に触れました。











特別展「加賀菓子歳時記」
2018菓子百工展 (22)
2018菓子百工展 (23)
2018菓子百工展 (24)
2018菓子百工展 (25)
2018菓子百工展 (26)
2018菓子百工展 (27)
2018菓子百工展 (28)
江戸時代・加賀藩の茶道文化で育まれた和菓子の歴史を紹介。







毎年にぎやかな菓子百工街 (三の丸 北園地)
2018菓子百工展 (29)
2018菓子百工展 (30)
2018菓子百工展 (31)
2018菓子百工展 (32)
2018菓子百工展 (33)
2018 百万石菓子百工展


















 2018 献菓祭・献茶祭  尾山神社(石川県金沢市) 4月 

献菓祭2018 (1)
献菓祭2018 (2)



献菓祭2018 (3)
菓子献上 加藤皓陽堂(石川県金沢市) 加藤晴彦社長 








献菓祭2018 (4)
献菓祭2018 (5)
献菓祭2018 (6)
献菓祭2018 (7)
献菓祭2018 (8)
献菓祭2018 (9)
献菓祭2018 (10)
献菓祭2018 (11)
2018 献菓祭・献茶祭 
















菓子処石川の元気なお菓子屋さんたち
いつも明るく楽しく 皆様をお待ちしております
金沢城百工展 歩み
金沢城百工展 歩み
金沢城百工展 歩み (2)
金沢城百工展 歩み (3)
金沢城百工展 歩み (4)
「能登・金沢・加賀」がひとつになり菓子処石川を発信
金沢城百工展 歩み
中村辰男氏、粟森剛氏

石川県 お菓子.collabo










・きまっし石川

「宝の山も美味もある!!」戦国時代の末森合戦でアピール

北國新聞 (1)
(北國新聞)











「まだ知らぬ者がいたとはな」
花の慶次ポスター (1)
目をひく戦国武将が「にやっ」と笑う石川県宝達志水町の観光PRポスター

2人は漫画「花の慶次-雲のかなたに-」主人公・前田慶次(慶次郎)と、同町に城跡が残る末森城の城主・奥村助右衛門。







北陸新幹線開業後に石川県内の観光客数は増加したものの、同町が素通りになっている現状に、前田慶次が「いや、そうはさせん!」、奥村助右衛門が「そうか!この地には宝の山も美味もある!!」
花の慶次ポスター (2)
漫画・花の慶次の「末森合戦」での1シーン




花の慶次ポスター (3)






北國新聞 (2)
(北國新聞)








・きまっし石川

あんづくりの歴史は革新の連続 石川 深沢製あん 

2017年 9月   北海道十勝 芽室、足寄町  小豆農場
 
石川 深沢製あん (1)
石川 深沢製あん (2)
石川 深沢製あん (3)
石川 深沢製あん (4)
石川 深沢製あん (5)
石川 深沢製あん (6)
あんの原材料である北海道小豆の、成り立ちと生育を研究してきました。

深沢 仁




石川 深沢製あん (7)
石川 深沢製あん (8)
会社への食品衛生管理システムHACCPの導入に関する研究を進めています。

持続的成長を目指して。














2018年 春   深沢製あん (石川県小松市)

石川 深沢製あん (9)
石川 深沢製あん (10)
石川 深沢製あん (11)
石川 深沢製あん (12)
石川 深沢製あん (13)
石川 深沢製あん (14)
石川 深沢製あん (15)
石川 深沢製あん (16)
石川 深沢製あん (17)
石川 深沢製あん (18)
石川 深沢製あん (19)
石川 深沢製あん (20)
石川 深沢製あん (21q)
日本の小豆、日本の清い水、日本人の感覚





あんの品質を、ストイックに追求しています。
石川 深沢製あん (23)
石川 深沢製あん (24)
石川 深沢製あん (25)
石川 深沢製あん (26)
石川 深沢製あん (27)






安全・安心なあんづくりのために重要な、工場の「設備保全」
石川 深沢製あん (28)
石川 深沢製あん (29)
石川 深沢製あん (30)

「たぶん大丈夫」といった根拠のない想定、過信をせず、
設備の生産能力と稼働率を、数値で「見える化」



石川 深沢製あん (31)
石川 深沢製あん (32)
石川 深沢製あん (33)
石川 深沢製あん (34)
設備の稼働率から、各機械のパーツ交換と新設を適宜実施しています。






石川 深沢製あん (35)
石川 深沢製あん (36)
石川 深沢製あん (37)
石川 深沢製あん (38)
時代が変わるとともに、ゆっくりと長い時間をかけて変わりゆく「人の味覚」



和洋問わずいろんな食べものをスタッフ全員が日常的に一緒に味わい、語り合い、
これからの旨みと食感を察知、探究して、それに適応した改革を進めています。




毎年、季節によって製造方法を変えます。
石川 深沢製あん (39)
継承技能、経験も、データ化しています。

変えてはいけない事と、変えなければならない事の区別。







全国各地のブランド農産物も、産地指定であんに製造しています。
石川 深沢製あん (40)
石川 深沢製あん (41)
石川 深沢製あん (42)




製品はロットごとに検査して記録、管理。
石川 深沢製あん (43)
石川 深沢製あん (44)
餡心 (1)
餡心 (2)
餡心 (3)
餡心 (5q)
北海道の大地の恵み。 風味、旨みを優しい甘さに 餡心





石川 深沢製あん (49)


出荷の際も、製品の安全性を最優先。
石川 深沢製あん (50)
石川 深沢製あん (50q)


出荷履歴(製品№、製造・出荷日時、担当者)を記録管理。
石川 深沢製あん (51)
石川 深沢製あん (51q)
石川 深沢製あん (52)
石川 深沢製あん (53)
石川 深沢製あん (54q)




朝の出荷
石川 深沢製あん (朝出荷01)
石川 深沢製あん (朝出荷02)
石川 深沢製あん (朝出荷03)
お客様の立場・視点に立った荷姿での提供を心がけています。












製造後は、製造工程を温水高圧洗浄機(ケルヒャー)で清掃。
石川 深沢製あん (60)
石川 深沢製あん (61)
石川 深沢製あん (62)
手が届きにくい機械のすきまや、小さな溝までしっかり洗浄できます。

石川 深沢製あん (63)
石川 深沢製あん (64)
乾きが早くて、効率が良いケルヒャーです。






石川 深沢製あん (65)
石川 深沢製あん (66)
関連法令を遵守し、自主的に製造・管理スペースの安全性を確認しています。


石川 深沢製あん (67)
環境衛生の向上のため、衛生管理の「見える化」を推進しています。













深沢仁 深沢製あん
石川 深沢製あん (68)
石川 深沢製あん (69)
石川 深沢製あん (70)
石川 深沢製あん (71)
石川 深沢製あん (72)
深沢 大「大地の恵みに感謝」












深沢仁
(祖父 深沢吾朗と)


ごあいさつ


当社の使命は「安全・安心・美味なあんづくり」です。

あんづくりの歴史は、時代に合わせた革新の連続。 
これまで代を重ねるごとに、改革を積み重ねてきました。
これは、多くの皆様方のお力添えのおかげです。心から感謝いたします。

決して慢心せず、時代の風を感じ取り、相伝のあんづくり技術を一層磨き上げていきます。

2年後の2020年を境に迎える大きな転換期。
その先も、社会に有用な存在であり続けるために。
若輩の身ですが、忘れてはいけない事と、進化させなければならない事を見極め、
志を持って前へ進んでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


石川 深沢製あん  深沢 仁







深沢製あん

勇往邁進 今年9月新築オープン! 秀寿司(石川県小松市)

2018年 9月 完成予定


秀寿司(ひでずし)
秀寿司新築 (1)
秀寿司新築 (2)
「秀寿司 新築イメージ」と勇往邁進する主人 藤田秀二 氏 (石川県小松市)














春から新築工事を開始。 完成は9月の予定です。
秀寿司新築 (3)
秀寿司新築 (4)
まさに工事開始の前夜! 秀寿司を愛する仲間たちが秀寿司に集まりました。





『開運 ハッピーハッピー秀の会』
秀寿司新築 (5)
秀寿司新築 (6)


多くの市民が認めているこのまちの三大うまい店は
「焼肉の味道園。 餃子の勝ちゃん。 …そして、秀寿司!」
秀寿司新築 (7)
開運 ハッピーハッピー秀の会 発起人 今出真稔 氏

秀寿司新築 世話人
世話人 川下雅樹 氏

秀寿司新築 (8)
秀寿司新築 (9)
秀寿司新築 (10)
初代主人 藤田 秀 氏

秀寿司新築 (11)
秀寿司新築 (12)
秀寿司新築 (13)
秀寿司新築 (15)
秀寿司新築 (16)
秀寿司新築 (17)
秀寿司新築 (18)
秀寿司新築 (19)
秀寿司新築 (20)
秀寿司新築 (21)
秀寿司新築 (22)



秀寿司の歩み・歴史ムービーが上映されました
秀寿司新築 (23)
初代主人 藤田 秀 氏

秀寿司新築 (24)
秀寿司新築 (25)
秀寿司新築 (26)
新!秀寿司! 完成が楽しみになります

秀寿司新築 (27)
秀寿司新築 (28)
さらにパワーアップして新築開店する秀寿司の発展と繁栄を祈っています

2018年 春    石川県小松市 「秀寿司」にて















 強い絆で結束する、同じ釜を囲む同郷の仲間たち (小六庵)
小六庵
小六庵
小六庵
小六庵
莫逆の友として切磋琢磨。 日々研鑽を積んでいます。


一浪











秀寿司新築 (33)
2018年(平成30年) 春  (一浪)


・ほっとタイム 

今年もメロンボール、販売スタート! ケーキハウス マルフジ

みなさまお待たせいたしました
今年もいよいよ今月からメロンボールの販売開始

ケーキハウス マルフジ (1)

たくさんのお客様から「待っています」と言って頂き、本当に愛されている商品なんだと改めて実感しております。
小松の夏の風物詩として定着してきたメロンボール。
今年も心を込め、スタッフ一同でお作りいたします










ときめきを感じるスイーツを創り続けます。

ケーキハウス マルフジ (2)
越栄 信英
小松のケーキの始まりどころとし、1955年にマルフジは誕生し、北陸で最も歴史のあるケーキ屋の一つとして今も商いを続けさせていただいております。たくさんのお客様に支えられ、たくさんのスタッフと共に幸せを感じながら創業63年を迎えることができました。お客様の笑顔が私達の大きな喜びです。
スタッフ、お取引先の方々、その奥につながった大切な方々に、たった一つのケーキから生まれる幸せの輪が一人、また一人と広がっていくことが私達の喜びであり使命であると考えています。
『マルフジが小松にあって良かった』と思っていただけるような菓子づくり、店づくり、人となることを私達は目指します。



ケーキハウス マルフジ (3)
越栄 亮弥
祖父母から続くマルフジを幼少期から特別な想いで見つめてきました。そして現在尊敬する両親とたくさんのスタッフと共に働けていることが私の誇りであり、宝です。
これからも、ここマルフジから元気と幸せを発信できるよう日々精進いたします。



ケーキハウス マルフジ (4)
越栄 礼子
ケーキは決してご飯やパンのように主食にはなれません。しかしケーキはみんなを笑顔にしてくれる稀な食べ物です。皆様の笑顔の真ん中に今日もケーキを置いて下さってありがとうございます。
ケーキは幸せの象徴です。どうか『ケーキって美味しいね』って言える幸せで平和な時代が続きますように!そしてマルフジが皆様のちょっとした幸せのお手伝いができるお店であり続けられますようにこれからも努力して参ります。







ケーキハウス マルフジ (5)

旬の食材を使用したお料理を楽しむように、ケーキも季節の食材を楽しみに。
「今年もこの季節が来たなぁ。」と思って頂ける様、
季節らしさを感じることのできるケーキをご用意しております。
自然で優しい甘みが口全体に溶け出すマルフジのケーキ。
至福のひとときを過ごしてみはいかがでしょうか。

スタッフ
拡大画像







ケーキハウス マルフジ (6)

手づくりの温もりと本物の味を、心で味わって欲しいという想いで、
心を託したお菓子づくりを心がけています。


毎日のようにパイやクッキーの焼ける香りが漂い、いつもおしゃべりする声が聞こえるような気取らないで気軽に親しんでいただける「あったかいお菓子屋さん」になってくれればいいなぁと思っています。
そして、すべて手作りのため、大量にお届けすることはできませんが、求め続けた味に巡り会えたときの喜びと感動を忘れずに、こだわりの味をいつまでも守り続けてゆきたいと思っています。

ケーキハウス マルフジ  石川県小松市





ケーキハウス マルフジ