FC2ブログ

山中石川屋

山中温泉 娘娘万頭

山中石川屋



四季折々の自然のたたずまいを見せてくれる鶴仙渓(かくせんけい)
山中温泉 鶴仙渓
情緒豊かな山中温泉

本店
温泉街のメインストリート本町商店街にある 株式会社 山中石川屋 さんの本店です。

青年会の 石川喜一さん のお店です。
石川喜一さん


看板商品は 娘娘万頭 ( にゃあにゃあ まんじゅう )
娘娘(にゃあにゃあ)万頭

                          娘娘万頭
にゃあにゃあ かわいい名前ですね 

「加賀言葉から名付けたお菓子で、黒糖と地産味噌のほのかな香りがほどよく調和して、口あたりもまろやかに甘さおさえたうれしい万頭です」

おいしそうですね~ 


こちらは山中温泉の入り口付近にある 工場(左)と 配送センター(右)

配送センターの3階は工場売店になっています。
工場と配送センター

たくさんのスタッフさんが楽しくお菓子づくりをしていますね。
湯つき製造
銘菓「湯つき」の製造現場


「では、娘娘万頭の製造工程をご説明します  」
石川喜一さん

「あんを練り上げます」
娘娘餡
「娘娘万頭の餡は十勝小豆を使用した自家製餡です」

  娘娘餡
   「名付けて 娘娘あん 」

    にゃあにゃああん! グッネーム 

「あんを皮でつつむラインです。 娘娘ライン」
娘娘ライン
あんを包む・・・ これが業界で「包餡機」と呼ばれてる機械ですね 

「娘娘万頭は包餡後、トンネル蒸し機にて蒸し上げます」
蒸し上がり
「トンネル出口の様子です」

なるほど~   蒸し上がって完成ですか?

「まだです 蒸し上がった万頭にアミをのせ反転させます」
娘娘反転
むむむ? アミ?

「娘娘反転です」

にゃあにゃあ反転!

  「娘娘万頭の模様の正体はこの アミ目 なんです」
 娘娘万頭 網目
ほぉぉぉぉ~ 新発見 


「この後、冷却してから包装します」
娘娘パック作業
「娘娘万頭をトレーに入れパックする工程です。これにて完成です

石川喜一さん

 喜一さん丁寧なご説明 大変勉強になりましたー 


こちらが3階に位置する工場売店ですね。
工場売店
「配送センターの3階の高さと、国道364号線が同じ高さで、国道より橋をかけ渡って入店するという、スリリングなロケーションのお店です」

これはッ! ラピュタだッ! 空中店舗だぁーッ! 


ではページ冒頭の本店にもどりましょう」
本店

本店内
「創業以来100年余。本店は昭和58年に改築し今に至ります」
本店内

店長さん
本店の店長さん 

本店ディスプレイ
「夏のオススメNo1・くず小倉 です。くずの中にあんが入った、冷やして食べると清涼感満点の一品ですよ」

つるん としてて夏にピッタリですね 

本店黒板
「本店、工場売店ともに、オススメ商品を毎日黒板にてお知らせいたします」

黒板見るのが毎日楽しみになりますね!


「こちらは塩キャラメルパウンドケーキ」
塩キャラメルパウンドケーキ
「2007年の加賀白山おったから祭りの『おったからスイーツ』として私が開発した製品です。加賀の伊切海岸の揚げ浜式でつくった『伊切の塩』と白山市の鳥越地区で取れたコシヒカリから挽いた米粉を使用した、地元の海と山の恵みを合わせつくりました」
2
「加賀白山おったから祭り以後も、山中石川屋の直営店のみ販売いたしております。地方誌・加賀日和にも特集されました(たしかVOL.6巻)」
3

加賀白山、地元の食材がいきている 


「そして・・・ 本店の中にある ティールーム娘娘 ・・・・・・・なのですが・・・」
ティールーム娘娘
わぁ ティールームもあるんですか 

「ティールーム・・・実は・・・ 」
中
「実は事務所 兼 社長室です 
 社長がいれる 『 こだわりのコーヒー 』 が飲める部屋です」

社長さん登場ですね! 喜一さんのお父様 石川光良さん 
社長さん
「社長は1日にコーヒーを約6回くらいいれます」

ぜひこんどいただきにまいりまっす   こだわりのコーヒー!





                                          「鮎」焼き
鮎焼き



「ウチのネコ みゅーみゅー(アメリカンショートヘアー)です」
みゅーみゅー
「みゅーみゅーも石川屋の鮎が大好物です」
みゅーみゅーアップしちゃうぞ
「和菓子屋なのに洋猫です 
 
名前は にゃあにゃあ ではないわけね・・・ 
みゅーみゅーきゃわいい 



娘娘

加賀の好青年 石川喜一さんのお店 (株)山中石川屋 さんでした 




(株)山中石川屋 さんのホームページ


にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ    人気ブログランキング 北陸 または お菓子へ
山中石川屋