FC2ブログ

訃 報

石川県加賀市山代温泉 桶谷菓子店

石川県菓子工業組合青年部 OB(石川菓業青年会 卒業生)

桶谷 孝士 氏 の ご尊父 桶谷 孝雄 様(82歳)がご逝去されました。



通夜、葬儀は、下記の通り執り行われます。

ここに故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせいたします。



             記



通夜 令和元年 8月19日(月) 午後7時 

葬儀 令和元年 8月20日(火) 午前11時 

場所 山代温泉 セレモニーホール斎苑かが
      (石川県加賀市山代温泉36-177-1)

喪主 桶谷 孝士 (長男)




石川県菓子工業組合

訃 報

御菓子司のと屋 の 鍋岡 洋 氏 のご尊父 鍋岡 徹男 様(79歳)がご逝去されました。

通夜、葬儀は、下記の通り執り行われます。

ここに故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせいたします。



             記



通夜 令和元年 7月18日(木) 午後7時 

葬儀 令和元年 7月19日(金) 午前10時 

場所 フローリア美翔 鹿南(石川県鹿島郡中能登町井田29-5-1)

喪主 鍋岡 洋 (長男)




石川県菓子工業組合

夏の訪れ告げる 氷室まんじゅう

夏の訪れ告げる 「氷室まんじゅう」

7月1日は氷室の日



氷室まんじゅう (1)
江戸時代、ここ加賀藩(石川県)では、
藩政期から冬場に積もった雪を「氷室」と呼ばれる保冷庫に保存し、
夏場に取り出して氷として利用しながら、幕府にも献上していました。

その際に、無病息災を願って食べていた麦まんじゅうを氷室まんじゅうと呼びます。



氷室まんじゅう (2)
白は太陽で「清浄」、緑は新緑で「健康、長寿」、ピンクは花で「魔除け」
を意味すると言われています。

石川県では毎年7月1日の「氷室開き」の際に、健康を祈願して氷室まんじゅうを食べます。



NHK 氷室
NHK 氷室
(NHKニュース)





石川県菓子工業組合

百万石菓子百工展2019 5/3~5 金沢城公園にて開催

北國2019
(北國新聞)





加賀百万石お菓子のおもてなし
令和元年 百万石菓子百工展2019


5月3日4日5日  金沢城公園
おいしさいっぱいの3日間!



百工展2019 (1)
  百工展2019 (2)


百万石菓子百工展2019 (1)
画像拡大1


百万石菓子百工展2019 (2)
画像拡大2


北國・百工展実行委員会
(北國新聞)





(昨年のようす)
昨年のようす (1)
昨年のようす (2)
昨年のようす (3)
昨年のようす (4)
昨年のようす (5)
昨年のようす (6)
昨年のようす (7)
百万石菓子百工展2018のようす (ゴールデンウィーク・金沢城公園)





おいしさいっぱいの3日間!
金沢城菓子物語
百万石菓子百工展2019
石川県菓子工業組合

・石川県菓子工業組合青年部 組織概要

行動するげん!(行動するぞ!)


『人と人とをつなぐ菓子』
石川県菓子工業組合青年部

第14代部長 広野純一 


広野純一氏
石川県菓子工業組合青年部 第14代部長 広野純一
和乃菓ひろの (石川県白山市鶴来大国町ホ88-1)


【部長プロフィール】

石川県、霊峰白山の麓、豊かな自然に囲まれた白山市鶴来町で3代つづく和菓子店「和乃菓ひろの」。
白山の豊かな食材に恵まれた地で、地元産の食材にこだわり、できたての美味しさ、季節感にこだわったお菓子を届ける。

広野純一氏 和乃菓ひろの 三代目

1977年8月6日生まれ(41歳)
石川県立金沢錦丘高校、富山大学卒業。
県内企業に就職後、27歳で実家菓子店に入る。
翌年結婚、石川菓業青年会(現青年部)に入会。
2女の父親。

2018年9月、新店舗をオープンさせる。
これまで、鶴来商工会青年部副部長、当青年部白山支部長、本部執行部を歴任。
2019年6月、部長就任。
執行部・運営専務は松田健太、事務局は橘慎一、八野田聡、安田卓司の各氏。
「人と人とをつなぐ菓子」をテーマに若者らしい菓子事業を展開していく。


・広野純一青年部部長 令和元年 所信






石川県菓子工業組合青年部 とは

石川県菓子工業組合青年部

石川県は 全国屈指の お菓子処 として有名です。
日本全国でお菓子の消費量がトップクラスなのが 石川県。
お土産として買っていく人が多く、地元のひともお菓子が大好きです。
全国への発信力も強く、お菓子のブランド化も進みました。 
        
石川県にはステキなお菓子がいっぱい☆


1994年3月「光り輝く菓子処いしかわを目指して」を合言葉に
石川県内の菓子業界の若者たちが結集し組織化したのが石川県菓子工業組合青年部です。(通称:石川菓業青年会)
メンバーは、菓子屋店主さん社長さん菓子職人さんお菓子の関連企業さん。
年齢50歳まで。



歴史や文化に密着するお菓子の業界は、どちらかといえば保守的、時には閉鎖的な面もありますが、和菓子・洋菓子のワク、市町エリアの垣根も超えて団結し、いしかわの菓子文化を広く発信してきました。
メンバー個々も、新たな出会いがよい刺激となり、その技や眼力は大いに磨かれました。

光る技 菓子づくり


芸術の域まで追求した工芸菓子
全部お菓子でつくられています


地域密着の 「お菓子づくり教室」
楽しいお菓子づくり教室


さらにはメンバーみんなで考案した創作菓子の発表
創作菓子 旨石(うまいし)
2004年 創作菓子 「旨石(うまいし)」


和ルビー
2009年 県産業高級ブドウ・ルビーロマン使用の創作菓子 「和ルビー


レオスタ MRO
2010年 大学とのコラボ!若い感性で商品開発


石川県菓子工業組合青年部公式ユニフォーム


2011年以来、東日本大震災への復興支援活動を継続中
お菓子で東北に笑顔を
復興支援活動「お菓子で笑顔に!」



2014年 ナイト茶会とアート茶会を開催
石川県菓子工業組合青年部
石川県菓子工業組合青年部




「1994年の設立から20年」
祝!20周年
2014年 7月
20周年式典
拡大画像





農業とお菓子のコラボ「農菓プロジェクト」を推進
石川県菓子工業組合青年部









時代変遷の中、お菓子づくりの世界も変わりつづけています。
時代に適応し、次代の担い手としての使命感を持ち、私たちは行動していきます。
業界内だけにとどまらず、これからもみなさまといろんなコラボレーションを展開していきます。

これからもこのサイトで、石川県の元気なお菓子屋さん、おいしいお菓子、おもしろエピソード、会員それぞれの人物像を楽しく発信してまいります。

石川県菓子工業組合青年部
青年部 創立20周年記念大会   2014年(ホテル日航金沢)



石川県菓子工業組合青年部



石川県菓子工業組合

献菓・献茶祭2019 金沢 尾山神社にて

石川県金沢市 尾山神社にて 「献菓・献茶祭」

献菓祭2019 (1)
今年で前田利家公が亡くなられて420年という区切りの年。
平成としても最後の例祭。




北國新聞
(北國新聞)


献菓祭2019 (2)
献菓祭2019 (3)
献菓祭2019 (4)
献菓祭後の懇親会




梅泉
菓匠 梅泉 石川県金沢市泉二丁目

石川県菓子工業組合

加賀百万石の迎春菓子「福梅(ふくうめ)」 石川県

お正月は福梅で!
加賀百万石の迎春菓子 福梅 (ふくうめ)

加賀藩主 前田家の家紋 「剣梅鉢」 の梅をかたどっています。

むかしから加賀百万石では、
福梅を食べて新年を迎える習わしとなっています。
石川県の代表的なお正月菓子で、白と薄紅の2色の最中(もなか)。
中は餡。表面には雪に見立てた粉砂糖がかかっています。



北國・福梅
(北國新聞)


石川県菓子工業組合

毎年 5、6軒が廃業 親族経営の菓子店 石川県菓子工業組合

北國・後継者 (2)


北國・後継者 (1)
(北國新聞)



石川県菓子工業組合

正月を彩る菓子「福梅」 製造が最盛期

北國・福梅
(北國新聞)





NHKニュース (1)
NHKニュース (2)
(NHKニュース)
石川県菓子工業組合

オレンジリボン2018 親子で和菓子作りに挑戦!

親子で笑顔
親子一緒にほっこり笑顔



石川 百万石の和菓子作りに親子で挑戦!
親子で笑顔
講師陣
親子で一緒に!

親子で挑戦した今回の和菓子   オレンジリボン和菓子2018
今回の和菓子3点












講師陣
『子どもの笑顔を守ろう』オレンジリボン 親子和菓子作り体験2018

子育て支援メッセいしかわ2018(石川県産業展示館4号館)






オレンジリボン運動は、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける運動です。
親子で笑顔
親子で笑顔
講師陣 (2)
今年も笑い声がたえない和菓子作り。親子が協力して上生菓子を作り上げました。 


匠のわざ (1)










石川県産業展示館4号館  2018年11月4日
石川県 (1)
石川県 (2)
開場前から大勢の来場者が列を作りました。





石川の和菓子職人チーム(中村辰男リーダー)と石川県健康福祉部少子化対策監室家庭福祉グループ(山本瑞輝リーダー)がチームプレー!
石川県 (3)


まず隗より始めよ。
百万石文化・伝統を率先して熱心に学ぶ県スタッフのみなさん。
石川県 (4)
石川県 (5)
石川県 (6)
石川県 (7)
今年も大人気の親子和菓子作り!
石川県 (8)






今回も一日中にぎやかなオレンジリボン事業となりました。
講師陣 (6)
石川の和菓子講師が優しくわかりやすく教えます。

親子で笑顔 (1)
親子で笑顔 (2)
親子で笑顔 (4)
みなさん大変上手にできました 










なをや菓子舗 團 寧彦氏
講師陣 (4)
講師陣 (5)


灘乃華本舗あさ井 浅井泰彦氏
講師陣 (7)
講師陣 (8)


粟森梅月堂 粟森 剛氏
講師陣 (9)
講師陣 (10)
講師陣 (11)
「みんな上手にできるかニャン」 (さてはネコの形になるんだな・・・)




御菓子処美福 村上義明氏
講師陣 (12)
講師のみせる和菓子作りと説明に夢中の子ども達


講師陣 (13)
講師陣 (14)


菓子工房日本堂 髙田敦司氏
講師陣 (15)
講師陣 (16)


なかむら 中村辰男氏
講師陣 (17)
講師陣 (18)


なかざき生菓子店 中崎功雄氏
講師陣 (19)
講師陣 (20)
講師陣 (21)


「こちらは安心して、和菓子作りを楽しんでください」
親子で笑顔 (5)
「たすかるわ~!ありがとう」
親子で笑顔 (6)











熟練の技をかわるがわる披露する匠たちの競演コーナー 
匠のわざ (2)
匠のわざ (3)
小さなハサミが「菊」を誕生させます。
匠のわざ (4)
匠のわざ (5)

見事な腕前に目を輝かせる来場者たち
匠のわざ (6)
「うわぁ!和菓子ってスゴイ!」子どもたちは興味津々!
匠のわざ (7)
匠のわざ (8)
百万石伝統の「匠の技」に多くの来場者が足を止めて見入っていました。




匠のわざ (9)
和菓子の匠たちがそれぞれ自慢のウデで十二支を完成させました。

匠の技 「和菓子で十二支」
十二支

十二支・拡大
(拡大)







和菓子チームのリーダーを務める中村辰男氏は、今年、日本食品衛生協会会長賞を受賞されました。
菓子工業新聞
(菓子工業新聞/全国菓子工業組合連合会発行)


中村さん、受賞おめでとうございます!
全国表彰 (1)
東京都中央区日本橋浜町二丁目 明治座

日本食品衛生協会創立70周年記念表彰式
全国表彰 (2)

花束贈呈









 



美術印刷包装企画シモダ 下田正幸氏     福島製菓 福島 宏氏
バルーン
親子和菓子作りオレンジリボン事業を盛り上げる下田さんと福島さん
バルーンで笑顔

・ 毎回大活躍!下田正幸氏    ・ 親子で笑顔に!福島宏氏












「親子一緒に笑顔になっていただくことが私たちの願いです」
横断幕
横断幕1





親子で笑顔 (14)
親子で笑顔 (7)
親子で笑顔 (11)
親子で笑顔 (13)
親子で笑顔 (16)
親子で笑顔 (15)
来場者だけではなく、運営スタッフも、心弾み楽しむオレンジリボン事業。
今回もみなさんが自然と笑顔になり、とても明るい雰囲気になりました。













事業企画委員会20181104
オレンジ集合
石川県と石川県菓子工業組合のナイスコラボが、みなさんに笑顔を届けます!



事業企画委員会2018
(拡大)

チームオレンジ集合!
(拡大)

匠たちの宴
(拡大)

和菓子で十二支
(拡大)






小松サイエンス



・ なかむら   石川県金沢市小立野3丁目


・ 粟森梅月堂   石川県金沢市大野町


・ 灘乃華本舗 あさ井   石川県内灘町旭ヶ丘


・ 菓子工房 日本堂   石川県能美市寺井町


・ 御菓子処 美福   石川県金沢市旭町


・ なをや菓子舗   石川県金沢市金石西


・ なかざき生菓子店   石川県金沢市瓢箪町


・ 福島製菓   石川県金沢市材木町


・ 美術印刷包装企画シモダ   石川県金沢市卯辰町


・ 深沢製あん   石川県小松市末広町






石川県菓子工業組合