全国大会 石川の農菓プロジェクトが全菓連青年部長賞を受賞! 

全国大会 (1)
槌谷祐哉 全菓連青年部長










全菓連青年部「第9回全国大会」 2017年春 (インテックス大阪)
全国大会 (2)
全国大会 (3)
全国大会 (4)
全国大会 (5)
村中洋祐 中部ブロック長へ 感謝状授与

全国大会 (6)

全国大会 (7)
右は新ブロック長に就任する 西野嘉高氏

全国大会 (8)
早川 賢 菓子博担当(歴代ブロック長)


菓子工業新聞 (1)




石川県が、褒賞制度審査発表にて全菓連青年部長賞を受賞

表彰される 宮向健也 石川県菓子工業組合青年部長
全国大会 (9)
全国大会 (10)
全国大会 (11)
全国大会 (12)
「石川の農菓プロジェクト」を全国大会にてプレゼンする宮向健也氏


菓子工業新聞 (2)

全国大会 (13)

全国大会 (14)
2017年春 全国大会 大阪

全国組織

三重県伊勢市にて お伊勢さん菓子博2017の準備進めるメンバー 

伊勢会議2017 (1)
三重県 伊勢市 お伊勢さん菓子博の会場   2017年3月




伊勢会議2017 (2)
「つわものたち」 

















三重県営サンアリーナ(菓子博会場)にて
伊勢会議2017 (3)


全菓連青年部中部ブロック会議 開催
伊勢会議2017 (4)


村中洋祐 ブロック長
伊勢会議2017 (5)
伊勢会議2017 (6)
中部ブロックのつわものたちが三重県に集合し、最終準備を確認しました。





槌谷祐哉 全菓連青年部長
伊勢会議2017 (7)


西野嘉高 次期ブロック長
伊勢会議2017 (8)


早川 賢 歴代ブロック長・菓子博担当
伊勢会議2017 (9)



那谷忠之 前ブロック長、宮向健也 石川県青年部長
伊勢会議2017 (10)
伊勢会議2017 (11)
伊勢会議2017 (12)
伊勢会議2017 (13)
メディアも菓子博に注目 NHKの取材

伊勢会議2017 (14)
伊勢会議2017 (15)
伊勢会議2017 (16)








伊勢 松阪牛
伊勢会議2017 (17)
三重県 松阪市 「肉が甘い!」
伊勢会議2017 (18)
伊勢会議2017 (19)
伊勢会議2017 (20)
松阪牛の名店












伊勢会議2017 (21)
赤福社員寮
伊勢会議2017 (22)
伊勢会議2017 (23)
赤福さんの社員寮視察












夜は全員で懇親会を開催
伊勢会議2017 (24)
村中洋祐 ブロック長

伊勢会議2017 (25)
伊勢会議2017 (26)
那谷忠之 前ブロック長

伊勢会議2017 (27)
伊勢会議2017 (28)
伊勢会議2017 (29)
伊勢会議2017 (30)
伊勢会議2017 (31)
伊勢会議2017 (32)
伊勢会議2017 (33)
菓子博開催時にはブロック長を務める 名古屋の西野嘉高氏

伊勢会議2017 (34)
みんなで力を合わせて GO!菓子博!









アリーナ
伊勢会議2017 (35)




お伊勢さん菓子博 (1)

○主催 
第27回全国菓子大博覧会・三重実行委員会

○後援 
農林水産省、総務省、外務省、厚生労働省、文化庁、中小企業庁、観光庁
三重県市長会、三重県町村会、三重県教育委員会、伊勢市教育委員会、鳥羽市教育委員会、志摩市教育委員会



お伊勢さん菓子博2017 公式ホームページ




全国組織

さがそう未来 伝えよう誇れる技術 モバックショウ2017

「さがそう未来 伝えよう誇れる技術」



2017モバックショウ 第25回国際製パン製菓関連産業展
モバックショウ2017
2017 MACHINERY, MATERIALS, MARKETING OF BAKERY AND CONFECTIONERY SHOW







最高レベルの品質と信頼性で製パン製菓業界の未来を切り拓く総合専門展「MOBAC SHOW 2017」

モバックショウは、過去24回の開催実績を有し、製パン製菓産業に必要なあらゆる機械・設備・器具、原材料、資材等が一堂に公開展示されるビジネスショウとして、国内外から高い評価を受けています。

会期 2017年 2月22日(水)~2月25日(土)
場所 インテックス大阪(南港)1・2・3・4・5号館

2017モバックショウ 大阪




「全菓連青年部第9回全国大会」
日時 2017年2月22日(水)
場所 インテックス大阪 (モバックショウ2017会場5号館2階国際会議ホール)




全国組織

鈴木三重県知事「知事が行く!突撃取材!」 岡本伸治氏

今年 お伊勢さん菓子博2017 に挑む和菓子職人


ことよ (1)
三重県知事 鈴木英敬氏 と ことよ 岡本伸治氏












三重県知事 鈴木英敬氏 自らが取材に出かけ、
三重の魅力を皆さんにお伝えする「知事が行く!突撃取材!」
ことよ (2)
ことよ (3)
三重テレビで放送された鈴木知事の突撃取材

動画  「知事 突撃取材」 お伊勢さん菓子博2017に挑む和菓子職人






ことよ (4)











ことよ (5)
ことよ (6)
ことよ (7)
ことよ (8)
ことよ (9)
ことよ (10)
ことよ (11)






盟友の早川 賢氏とともに、三重県内の各方面を駆ける!
ことよ (12)


お伊勢さん菓子博へ


今年の「お伊勢さん菓子博2017」の準備に余念のない岡本氏です 
全国組織

「菓子工業新聞」にいしかわスイーツ博2016の様子、掲載

スイーツ博2016

菓子工業新聞2016 11月


全国菓子工業組合連合会「菓子工業新聞」 石川
全国組織

次期ブロック長に西野嘉高氏(名古屋・松河屋老舗) 全国菓子工業組合連合会青年部 中部ブロック

中部B会議in石川 (1)
盟友・西野嘉高氏のブロック長選出の瞬間を撮影する「莫逆の友」佐藤文彦氏








次期中部ブロック長に選出された 西野嘉高氏
(松河屋老舗 愛知県名古屋市 創業文久二年)
中部B会議in石川 (2)
中部B会議in石川 (3)
西野氏プロフィール、村中洋祐ブロック長からのブロック会議への推薦書





ご来賓ご挨拶  小出 進 石川県菓子工業組合 理事長
中部B会議in石川 (5)

2016年11月8日 石川県金沢市
中部B会議in石川 (4)
「第37回 全菓連青年部 中部ブロック会議 in 石川」 (金沢東急ホテル)









中部B会議in石川 (6)
全菓連青年部 中部ブロック 村中洋祐 ブロック長

中部B会議in石川 (7)

中部B会議in石川 (8)
全菓連青年部 槌谷祐哉 部長

中部B会議in石川 (9)
開催地 宮向健也 石川会議議長

中部B会議in石川 (10)
2017伊勢菓子博中部ブロック事業 早川 賢 責任者

中部B会議in石川 (11)
中部B会議in石川 (12)
中部B会議in石川 (13)
中部B会議in石川 (14)
中部ブロック 那谷忠之 前ブロック長(菓子博中部ブロック企画委員会担当)




中部B会議in石川 (15)
小出 進 石川県菓子工業組合 理事長から 
今回の中部ブロック会議を総括するご挨拶を頂戴いたしました。
小出理事長、誠にありがとうございます。




第37回全国菓子工業組合連合会青年部中部ブロック会議

2016年11月8日 石川県金沢市 金沢東急ホテル
全国組織

伊勢志摩サミット~菓子博を起爆剤に 夢菓子工房ことよ

ことよ

ことよ



ブロック長がゆく
全国菓子工業組合連合会 菓子工業新聞2016年5月号




伊勢志摩サミット~菓子博を起爆剤に

夢菓子工房 ことよ

初代岡本竹治氏が菓子修行を終え、「ことよ軒」を三重県四日市市に1948年創業。「ことよ」の語意は、よろず、あらゆるものという事で、鮮魚、雑貨も販売する商店であった。2代目の岡本二三男氏時代に、お菓子専門店として「ことよ製菓舗」と改名。現在、3代目の岡本伸治氏が代表取締役に就任し、「夢菓子工房 ことよ」の屋号にて現在に至る。

氏は卓越した技術を有する、業界でも屈指の職人。
日々の仕事はもちろん、名和会(名古屋和生菓子研究会)で研鑽を重ね、後進の指導にも積極的に取り組んでいる。
特に業界内外に氏の卓越した技術を発信したのは、平成14年のTVチャンピオン(テレビ東京の人気番組)である。テーマに沿った菓子作り~工芸菓子で競い、見事優勝を勝ち取ったことが契機となった。また、その後も「選和菓子職」の資格に挑み、8回目のチャレンジで難関を突破する等、技能向上と研鑽に飽くなき探求心を持つ名実ともに優秀な技術者で、経営者である。

岡本氏 その「ことよ」が一昨年の10月に、本店から車で30分ほど離れた閑静な住宅街に、白梅の丘店をオープンした。今回、突然の取材申し込みにもかかわらず、大平あゆみ店長に快くご対応頂いた。

こだわりのみたらし団子(5玉1本)はやや醤油勝ちの香ばしい風味が特徴で、表面がカリッとした逸品。美味しさもさることながら、54円(税込)との価格にも驚かされる。もちろん、白梅の丘店でもそのこだわり実現のため、店内で焼き上げるのは本店と同じスタイルである。白梅の丘店の開店記念銘菓として発売された「みたらしパイ」はサクサクで香ばしい風味。お客様の大半がお求めになるみたらし団子のタレの味を再現し、ギフトでも風味をお届けしたいとの思いからであるという。

また、新店の目玉はお菓子教室。通常、商品や店舗イベントの案内等を展示している3mほどのカウンターが、お菓子教室の受講者のための作業台に早変わり。子ども対象の教室で、社長自ら得意の練り切り細工を披露。氏は人気のキャラクターも巧みに表現するので、受講する子ども達は一層目を輝かせる。

最後に大変多忙な岡本氏にこれからの「ことよ」、菓子業界への思いを聞いてみた。

伊勢志摩サミットを控え、現在工芸菓子を製作中。日本文化のPRのためと、外務省から依頼を受けた三重県が「ことよ」に白羽の矢を立てた。セキュリティーの関係で情報がなかなか公にならない状態で、急きょいろんな指示に対応するのは大変であると語るが、プレスセンターが全菓博会場となる「サンアリーナ」に併設されるなど、菓子博のPRにも繋げたいと意気揚々と取り組んでいる。

さらに、来年の全菓博に向け、シンボル菓子制作部に所属し、総勢30名で歌川広重の浮世絵「宮川の渡」の情景をテーマとして、巨大工芸菓子の年内完成を目指す。その制作部のうち10名が「ことよ」のスタッフであると聞き、「ことよ」の精力的活動には敬服するばかりである。

また、白梅の丘店は、ことよ本店から車で30分と商圏が全くリンクしないエリアであり、他店化する手法としては常套策ではないのでは?と聞くと、確かに苦労を買って出るような手法であるが、白梅の丘エリアは、名古屋のベットタウンであり、大手電機メーカーの大型工場が誘致され、人口も増えている。そして何より、日本で最も子どもの数が増えたエリアであるという。住民同士の繋がりを強化している地域であり、朝の清掃活動や地域イベントに店舗として参加し、地域密着活動にもしっかりと取り組んでいるという。
その甲斐あって、子どもネットワークからの広がりもあると、期待感を表す。業界での技術講習会もさることながら、少子化で担い手不足、人材確保が難しい時代が到来するといわれている中、菓子職人への憧れを抱いてもらう有意義な活動であると感じた。

将来、本店とこの白梅の丘店の間にセンター工場を作り操業を始めることで、しっかりと商圏をリンクさせ、エリアを囲い込むとの展望を持っている岡本社長。
41歳の若さながら、人材育成にも力を注ぎ、自身の菓子製造技術の向上に努め、地域貢献となる営業スタイルを一貫して行っている。「夢菓子工房ことよ」の成長はまだまだ続くものと感じた。


村中ブロック長
ブロック長がゆく
全菓連青年部 村中洋祐 中部ブロック長






夢菓子工房 ことよ

代表取締役 岡本 伸治氏
三重県菓子工業組合理事
同青年部副部長
全菓博シンボル菓子制作部



全国組織

全菓連「菓子工業新聞」に掲載 石川の農菓プロジェクト 

全菓連・菓子工業新聞5月号2016
(全国菓子工業組合連合会)菓子工業新聞2016年5月号



日本初の「農菓(のうか)プロジェクト」で15新商品を開発

真剣勝負のコンテスト開催、本年度は次のステージへ!

農菓プロジェクト 石川県菓子工業組合(小出進理事長)の青年部として、積極的な行動をつづける同青年部(宮向健也部長)。
その青年部が新しい風を起こそうと「農業と菓業」をかけ合せ発足した「農菓プロジェクト」が各界から今、注目を集めています。農菓プロジェクトは、地元農業者と製菓業者が協力し合うことで、菓子処石川の新しい菓子文化を創り、両業界活性化や売上向上を図ることを目的に始動しました。石川県の活性化ファンドにも採択され、農業者13社と製菓業者12社が農産物と技術をPRし合った後、ペアを結成。各ペアは数ヵ月間かけてそれぞれ創作菓子15品を完成、昨秋「石川の女性がこっそり食べたいお菓子」をテーマに県内在住女性300名に審査員になっていただき真剣勝負の創作菓子コンテスト(対象・県庁職員、女子学生、一般消費者)に臨みました。コンテストにすることで、一斉発表による話題喚起とマーケティングも狙いとしました。

最終審査は金沢市のデパート香林坊大和の特設フロアで開催。
決戦当日、集まった各ペアたちの意気込みはすごく
「いよいよ決戦だ」
「たがいに頑張ろう」
「グランプリはウチがいただく」
「全く負ける気がしない」
と早速(良い意味での)火花を散らしました。

一般審査員は、創作菓子15品の味、見た目、価格等を項目別に評価し、一般消費者の声は当日事務局により最終集計の結果、以下の通り表彰されました。
【コンテスト結果】(敬称略)
総合グランプリに輝いたのは玄米・チョコ・最中を合わせ見た目も好評だった「サクサク玄米チョコ最中」(御菓子司八野田・八野田聡×北辰農産・舘喜洋)
総合2位は加賀丸いもでもっちり感を追求した新しい和菓子「白のキセキ」(行松旭松堂・行松宏展×岡元農場・岡元豊)
総合3位はトマト・丸いも・もち米でふんわり食感の「トマトかきもち(丸いも入り)」(のむら農産・野村佳史×岡元農場・岡元豊×本田農園・本田雅弘)
総合4位は能登金時の良さを生かした「渚のドライブ」(谷口製菓・谷口義則×JAはくい・高野省吾)
総合5位は体に優しい甘こうじの風味をそのままに「甘こうじ生キャラメル」(菓子工房日本堂・髙田敦司×六星・浅野泰隆)
また、決戦で一時首位に躍り出た、蓮根の四季を和菓子で表現した「四季彩和風ぷりん彩蓮(あやはす)」(芳月堂・小山祥太×One・宮野義隆)には敢闘賞が特別に贈られました。
宮向青年部長は「本気で真剣な商品開発だった。農家さんの中には6次産業まで展開している方もおり当初は商売敵と思っていたが、今回の出会いのおかげで敵ではなくパートナーであることがわかった。農業者代表の河二敏雄氏の合言葉『大人がどうやって真剣に遊べるか』をまさに体現できた事業に育ってとても嬉しい」と語りました。各創作菓子は、審査員からの生の声を反映し、さらに磨きをかけて好評販売中です。コンテストで終わりではなく、メディアPRはもとより県内外、首都圏への販路拡大を現在実施しています。詳細については、農菓プロジェクト ホームページ


石川県菓子工業組合 
事業企画委員会・深沢大





石川県菓子工業組合
百万石の菓子文化 石川県菓子工業組合
全国組織

全菓連青年部が2017お伊勢さん菓子博会場視察 伊勢志摩サミットまで1ヶ月  

県営サンアリーナ
お伊勢さん菓子博2017会場を視察


サンアリーナ視察
サンアリーナ視察 (2)
全国菓子工業組合連合会青年部 in 伊勢国



伊勢志摩サミットまであと1ヶ月
サミットまで1ヵ月
北國新聞








全国菓子工業新聞 (1)


全菓連青年部が伊勢志摩サミット、そして伊勢菓子博に向かって盛り上がる
会場を視察いたしました。
サンアリーナ視察 (1)
サンアリーナ視察 (3)
伊勢神宮
赤福の濱田菓子博実行委員長とチーム石川
サンアリーナ視察 (4)
サンアリーナ視察 (5)
サンアリーナ視察 (6)
サンアリーナ視察 (7)
サンアリーナ視察 (8)
三重県営サンアリーナはサミットではメディアセンターとなります。

サンアリーナ視察 (9)



お伊勢さん菓子博2017会場 メインアリーナ、サブアリーナを視察
サンアリーナ視察 (10)
サンアリーナ視察 (11)
サンアリーナ視察 (12)
佐藤文彦氏
サンアリーナ視察 (14)
サンアリーナ視察 (15)
サンアリーナ視察 (16)
サンアリーナ視察 (17)
サンアリーナ視察 (18)
サンアリーナ視察 (19)
サンアリーナ視察 (20)
サンアリーナ視察 (21)
赤福の濱田実行委員長からアリーナご案内、ご説明をいただきました。
サンアリーナ視察 (22)




全菓連青年部2016春



いよいよ来年は「お伊勢さん菓子博2017」
お伊勢さん菓子博 (1)
お伊勢さん菓子博 (2)




本陣

全菓連青年部 中部ブロック菓子博企画委員会




にほんブログ村 スイーツブログへ    人気ブログランキングへ
全国組織

九州地方での地震 皆様のご無事をお祈り申し上げます

この度の熊本地震で被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
皆様がご無事でありますよう心からお祈り申し上げます。



石川県菓子工業組合青年部
部長 宮向健也
青年部一同


全国組織