FC2ブログ

『旅する和菓子』で旅気分を味わう 自宅で全国の和菓子を

旅する和菓子
福井県 伊勢屋 六代目 上田浩人氏





ご自宅で、全国の和菓子を

全国の和菓子屋仲間が声をかけ合い、各地方の和菓子を集めた特別な詰め合わせ『旅する和菓子』。
「今は旅行はできないが、各地のお菓子を食べてちょっとした旅行気分を味わってほしい」と伊勢屋の上田さん。

今回は第3弾

・島根県『吉岡製菓』
3代目が作る和菓子、洋菓子の垣根を越えた新しいジャンルのお菓子が注目を集めています。
「ふまいこん」「ふまいこんベビィ」
珈琲にしかあわないチーズまんじゅうと牛乳でもいけちゃうミルクまんじゅうの組み合わせ。

・山形県『乃し梅本舗 佐藤屋』
1821年創業の山形県の老舗和菓子屋。和菓子をちょっと自由に、をモットーに8代目が新しい和洋菓子を提案しています。
「甘露梅」
銘菓「乃し梅」をかためずにジャム状のまま瓶詰めしました。そのまま、またジャムとしてパンやヨーグルトとともに。

・福井県『伊勢屋』
創業天保元年の福井県の老舗和菓子屋。夏はくずまんじゅう、冬は丁稚羊羹が名物です。
「水菓子」
平成の名水100選に選ばれた雲城水を使った桃の葛餅、梨のゼリー、日本酒ゼリーです。

・広島県『蜜屋』
「檸檬の花」
白餡のおまんじゅうで広島産レモンと宮島産はちみつのコンフィチュールを包みました。
「乙女のひととき」
宮島産蜂蜜に漬け込んだドライフルーツが珍しい、新感覚の創作どらやきです。






これまで第1弾は、蜜屋のチーズまんじゅうと石川県金沢市の「吉はし」の干菓子、栃木県足利市の「香雲堂本店」のせんべい、埼玉県川越市の「元町珈琲店ちもと」のコーヒー豆の4点セット。

4月下旬からの第2弾は、チーズまんじゅうのほか、滋賀県のクッキー、岩手県のどら焼き、神奈川県の最中の詰め合わせ。

第4弾もお楽しみに



 「旅する和菓子」ご紹介 広島県 蜜屋



全国組織

上生菓子「ヨゲンノトリ」 金蝶園総本家 八代目 北野英樹さん

「ヨゲンノトリ」とは、山梨県立博物館の所蔵品「暴瀉病流行日記」に描かれていた白と黒の二つの頭をもった不思議な鳥のことです。

金蝶園 (2)
その日記によると、安政四年十二月に加賀国(石川県)の白山に現れ、
翌年に流行するコレラを予言し、「私の姿を朝夕に拝めば難を逃れることができるぞ」と語ったと言われております。



疫病退散! 不思議な力 「ヨゲンノトリ」
金蝶園 (3)
アマビエをお菓子にした以上、このヨゲンノトリも金蝶園総本家が誇る職人達がお菓子に仕上げました。



金蝶園 (4)
上生菓子のモチーフとしてウグイスや水鳥など、鳥を作ることはありますが、2つの頭を持つ鳥となると思ったよりも難しく、一見アマビエよりもシンプルですが、時間がかかってしまいました。



北野八代目
現在も好評頂いている「アマビエ」の上生菓子とご一緒にいかがでしょうか。

金蝶園総本家 八代目 北野英樹





金蝶園 (5)
金蝶園 (1)
金蝶園総本家 岐阜県 大垣市高屋町






全国組織

全菓連新聞に掲載 石川の新しい夏の和菓子 夜舟

菓子工業新聞2019 9
菓子工業新聞2019夏 (全国菓子工業組合連合会発行)










夜舟リーフレット (1)
夜舟 リーフレット2019

夜舟リーフレット (3)
夜舟リーフレット (4)
拡大
















夜舟
NHKかがのと
MROレオスタ
テレ金



 未来へつなぐ石川の食文化 農菓プロジェクト2019





全国組織

観光資源となった「職人の手しごと」 全菓連 菓子工業新聞

全菓連 (1)
全菓連 (2)
(全国菓子工業組合連合会 菓子工業新聞)

観光資源となった〝職人の手しごと”
石川県菓子工業組合事務局・薮 猶八

全国組織

感謝!全菓連青年部のトップ 槌谷祐哉氏を慰労 中部の友情

中部ブロック (1)

全菓連青年部のトップを務められた槌谷祐哉氏(岐阜・御菓子つちや社長)を、中部ブロックの仲間たちが感謝の気持ちをこめて、福井県芦原温泉にて慰労いたしました。








第41回全菓連青年部 中部ブロック 福井会議・懇親会
中部ブロック (2)
主管 福井県菓子工業組合青年会(河崎淳一会長)


平成31年3月26日  福井県芦原温泉 まつや千千
中部ブロック (3)







中部ブロック (4)
(中部ブロック 佐藤文彦ブロック長)

中部ブロック (5)
中部ブロック (6)
槌谷祐哉氏、全国組織のトップ、本当におつかれさまでした!

次期部長は近畿ブロックの松田明氏、中部ブロック長は静岡の戸塚裕一氏が務めます。






歴史を紡ぎ、ブロックをまとめてこられた歴代の中部ブロック長
中部ブロック (7)




新聞記事

新聞記事
画像拡大






御菓子 つちや
御菓子 つちや




全国組織

和菓子甲子園の成果報告 全菓連青年部中部ブロック

全菓連 (1)

中部B2018 (1)

全菓連 (2)
菓子工業新聞  全菓連発行



全国組織

訃 報

全菓連青年部 中部ブロックにて顧問を務められました

名古屋市 尾張菓子きた川 北川隆治様 がご逝去されました。

通夜、葬儀は、下記の通り執り行われます。

ここに故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせいたします。


             記



通夜 12月10日(月) 午後6時 

葬儀 12月11日(木) 午前10時 

場所 平安会館 名古屋斎場 (名古屋市北区瑠璃光町3-12)





全菓連青年部 中部ブロック 石川県菓子工業組合青年部

全国組織

「素材、ちょっとの腕(技術)、鮮度」 平野郷菓梅月堂 前田秀彦氏

前田氏 (2)
平野郷菓 梅月堂 前田秀彦氏




前田氏 (1)
和菓子講習会(石川県金沢市)

講習会
講習会



全国菓子工業組合連合会 菓子工業新聞 2018年11月
全菓連

どんな手間暇もかまわず取り組む

この度、石川県菓子工業組合青年部では、石川県菓子工業組合協賛のもと、金沢菓友会と合同で和菓子講習会を行い総勢41名が参加しました。
会場は金沢市の能崎物産㈱研修室をお借りし、大阪の『平野郷菓 梅月堂 前田秀彦氏』をお招きして「酒まんじゅう」や「どら焼き」「りんご・栗の蜜漬け」の仕方など、午前の部と午後の部の二部にわかれ計9種類のお菓子の作り方や仕込み方を学びました。
2017年11月の青年部視察研修会の際に梅月堂さんを訪問し、お話しをお聴きしているうちに今の青年部のテーマ「未来へつなごう!伝統と技」に合うお菓子作りだと思い講師を依頼しました。当初は2月に講習会をお願いしていましたが、まさかの大雪!そのためやむなく中止に。しかし講習会を希望する方の声は多く、今回の10月開催となりました。
講習会前日には前田氏を囲み、お菓子作りに対する姿勢や意気込み、自分たちの今ある壁や悩み等についても話し合い懇親を深めました。その会話の中で印象に残る話は「良いお菓子は素材とちょっとの腕(技術)と鮮度やな」と言う言葉でした。
そう言えば前田氏のお店にお邪魔した時、出来立ての酒まんじゅうをいただきました。「きんつば」に至っては、注文を受けてから焼き「どら焼き」は当日焼いた物しか提供しないというこだわりをおもちでした。お菓子に使うあんこ等も羽釜で炊いており、やはり他店では真似できないお菓子作りです。
今回、参加された方々は何か一つでも自分の物に、自店でも活かせる技法、製法を学ぼうと真剣に前田氏の話を聴き、作業をしている間も質問が飛び交うほど皆さん熱心な様子でした。前田氏も質問は後回しにせず普段の会話をする様に、かつ丁寧に説明をして下さいました。中には失敗談や、思いがけず予定外に出来た品物、商品の話など時間の経つのを感じさせない内容でした。
今回の講習会で前田氏の情熱や自分の理想のお菓子作りの為なら、どんな手間暇もかまわず取り組む姿勢にふれ、改めて今回の講習会を開催出来たことは大切な時間だったのではないかと思いました。
今後、全て同じ事が出来るとは思えないですが、出来る範囲で見習い、自分のお菓子作りに反映出来たらと感じています。

最後に前田氏の"お客様が喜ぶ為なら少量でも出来立てを提供していく"という姿勢に菓子屋を志した時の初心を思い起こす事ができました。

石川県菓子工業組合青年部部長・岡﨑欣浩




講習会
講習会
講習会

全国菓子工業組合連合会 菓子工業新聞 2018年11月



全国組織

全菓連青年部 中部ブロック愛知大会2018 開催

中部B2018 (1)
10月23、24日、愛知県名古屋市 「全菓連青年部 中部ブロック大会」
当日は総勢50名近くの参加者が集いました。ご来賓の中には全国和菓子甲子園でお世話になった大阪の方々、中部ブロックで大変お世話になっている先輩方、久しぶりにお顔を拝見する方や懐かしい同期生と楽しい会話が出来ました。また自店のお菓子を持ち寄ってのディスカッションなど物凄く楽しい大会でした。


中部B2018 (2)
中部B2018 (3)


また、24日は名古屋の方にお菓子屋さんをご案内いただき視察も。
今まで思っていたイメージや味が、見方が変わる様なお店ばかりで、とても新鮮に映り感動しました。
中部B2018 (4)
中部B2018 (5)
中部B2018 (6)
中部B2018 (7)
中部B2018 (8)
中部B2018 (9)
中部B2018 (10)
中部B2018 (11)
中部B2018 (12)

石川県菓子工業組合青年部 部長 岡崎欣浩



中央会2018
石川県の宮向健也前部長は、つづいて富山県中小企業青年中央会にて農菓プロジェクトについて講演会講師を務めました。



全国組織

北海道地震により被災された方々へお見舞い申し上げます

この度発生した北海道における地震により被災された皆様と、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。



石川県菓子工業組合 青年部
部長 岡崎 欣浩
青年部会員一同



全国組織