FC2ブログ

聞こえてきました 虫の音

むらもと
上生菓子「虫の音」 御菓子司むらもと




先日、どこからともなく聞こえてきました。
間違いなく外からですが・・・
「虫の音」です。



「蛍」と色違い。
桂皮末入り煉り切り餡の中央には、薄い黄色が入っています。
写真ではわかりにくいですね。
久しぶりの水曜定休日をもらえました。
朝早くから工芸菓子をケースから取り出し、自作の置台を追加して
また収納し直しました 






NHKかがのと
製菓製パン (1)
御菓子司むらもと   村本賢治氏 



御菓子司むらもと
「文部科学大臣表彰」 御菓子司むらもと工芸菓子「薫風瑞翔(くんぷうずいしょう)」















御菓子司むらもと
御菓子司むらもと 白山市 
御菓子司 むらもと 石川県白山市鶴来本町



御菓子司 むらもと 

令和の「梅雨」を想わせる上生菓子 御菓子司むらもと

紫陽花
一度夏日を体験していますので感覚が・・・暑いのも大変ですがじめっとしてくるのも色々と大変です。
画像で見ると錦玉羹が大きく見えますが実物はそうでもないと思います。



御菓子司むらもと (1)
画像は店売り用ではなく注文品です。
店売り用の同じ意匠のもあります。
雨が降らない日は、毎朝植物に水やりをしています。
天気が良いと、いい気分転換になります



ほたる
蛍、綺麗ですよね、光り方が。
派手な輝きではなく、ほのかに光るのが良いんですよね。
あっ あそこにいた って
見つけるのがいい。

群れているのも良いのでしょうが
少し離れたところに見つけたひかりってどこかいい。

太陽でもなく月でもなく打ち上げ花火でもなくろうそくのあかりでもない。
ほのかな光・・・
ほのかに輝く。

そんな人になれたらいいですね。











NHKかがのと
御菓子司むらもと   村本賢治氏 





工芸菓子
文部科学大臣表彰 工芸菓子「薫風瑞翔(くんぷうずいしょう)」 村本賢治 作





御菓子司むらもと
御菓子司 むらもと 石川県白山市鶴来本町



御菓子司 むらもと 

桜の次は… 御菓子司むらもと 平成から 令和へ

御菓子司むらもと (1)
御菓子司むらもと (2)
旬菓「かしわ餅」 御菓子司むらもと

ひゃくまんごくの米粉100%のだんご生地。

小豆漉し餡入り 味噌餡入り 蓬入り生地に小豆粒餡入りの三趣あります。







先週の事「かしわ餅ってありますか」というお電話がありました。
まだです とお伝えすると
「いつからですか」 そこで来週の後半ぐらいですとお返事をしました。

さくら餅のご注文も週末にあり、店内では桜と柏が同時に楽しめ?ます。
この時季って・・・ いつまで? いつから?が いつも? 
重なってしまいます。


御菓子司むらもと 石川県白山市鶴来本町




 
御菓子司 むらもと 

立春に春一番が 御菓子司むらもと

立春に春一番が吹いたそうです。
観測を始めて一番早かったそうですが
雪が降りそうな日もまだありそうですし。
でも昨年の事を思えば助かっています  


御菓子司むらもと 村本賢治

むらもと
御菓子司むらもと 季節の和菓子「未開紅」


未だ開かぬ紅い花 梅の花の蕾です。
紅の花というと紅花となってしまいますので紅い花としました。
外郎(ういろう)製 梅餡入りです。

季節の和菓子
これも良い響きですので 



御菓子司むらもと (石川県白山市鶴来本町)








御菓子司 むらもと 

正月の縁起菓子「辻占(つじうら)」 御菓子司むらもと

むらもと
御菓子司むらもと






むらもと (2)
むらもと (1)
(北國新聞)

御菓子司 むらもと 

菓子道具は箸に針 針切という手法 御菓子司むらもと

御菓子司むらもと
御菓子司むらもと 菊の上生菓子


菊もそろそろ終盤でしょうか。
菓名は「残菊」? 「乱菊」?
菊花展などで 大輪の菊が今が見頃と咲き誇っていますが、
家の菊はまだ蕾が膨らみ始めたところです。
多分家の菊は「残菊」の仲間入りになるのでしょうか。

針切という手法で作っています。
道具は自作です。
箸に針をつけました(今回のは以前から数えると三代目、三膳めかな)
不具合なところの改良を繰り返し、昨年また新調しました。
箸を使う要領で煉り切り餡を切ります。


御菓子司むらもと  石川県白山市鶴来本町







御菓子司 むらもと 

この時季だけの季節の和菓子 御菓子司むらもと

御菓子司むらもと涼菓
この時季だけの季節の和菓子  和風ゼリー




涼を

夏は涼しげな和菓子を 


御菓子司むらもと (石川県白山市)






御菓子司 むらもと