FC2ブログ

正月の縁起菓子「辻占(つじうら)」 御菓子司むらもと

むらもと
御菓子司むらもと






むらもと (2)
むらもと (1)
(北國新聞)

御菓子司 むらもと 

菓子道具は箸に針 針切という手法 御菓子司むらもと

御菓子司むらもと
御菓子司むらもと 菊の上生菓子


菊もそろそろ終盤でしょうか。
菓名は「残菊」? 「乱菊」?
菊花展などで 大輪の菊が今が見頃と咲き誇っていますが、
家の菊はまだ蕾が膨らみ始めたところです。
多分家の菊は「残菊」の仲間入りになるのでしょうか。

針切という手法で作っています。
道具は自作です。
箸に針をつけました(今回のは以前から数えると三代目、三膳めかな)
不具合なところの改良を繰り返し、昨年また新調しました。
箸を使う要領で煉り切り餡を切ります。


御菓子司むらもと  石川県白山市鶴来本町







御菓子司 むらもと 

この時季だけの季節の和菓子 御菓子司むらもと

御菓子司むらもと涼菓
この時季だけの季節の和菓子  和風ゼリー




涼を

夏は涼しげな和菓子を 


御菓子司むらもと (石川県白山市)






御菓子司 むらもと 

少し凍らせても美味しい和菓子です 御菓子司むらもと

むらもと

御菓子司むらもと  季節の和菓子 「想い」




時季ごとに違った趣の「想い」が出て来ます。

今回は「檸檬」です。




和菓子の中ではめずらしい、酸味のあるお菓子です。

そのままでも美味しいですが、少し凍らせても美味しいですよ 





御菓子司むらもと  (石川県白山市鶴来本町)









御菓子司 むらもと 

季節の和菓子「手取鮎」は若鮎?子持ち鮎? 御菓子司むらもと

御菓子司むらもと



6月 御菓子司むらもとでは 和菓子の衣替え がはじまりました。

店内には冷蔵ケースも登場し、冷蔵販売する和菓子もご用意できました。







画像は、季節の和菓子「手取鮎」

「若鮎を通り越して、子持ち鮎のようですが・・・」(店主・村本賢治)

さて、どちらでしょうか?



御菓子司むらもと  石川県白山市鶴来本町








御菓子司 むらもと 

チョコ使用の和菓子 チョコ大福 御菓子司むらもと

チョコ大福
御菓子司むらもと チョコ大福


御菓子司 むらもと 

鶴と亀  御菓子司むらもと

鶴と亀


御菓子司むらもと
御菓子司むらもと

御菓子司 むらもと 

正月縁起菓子「辻占」作り最盛期 御菓子司むらもと

北國新聞 (1)
北國新聞 (2)
(北國新聞)







NHKかがのとイブニング
NHKかがのと (1)
NHKかがのと (2)
NHKかがのと (3)
NHKかがのと (4)
NHKかがのと (5)
NHKかがのと (6)





NHKかがのと (7)
NHKかがのと (8)
NHKかがのと (9)
NHKかがのと (10)
NHKかがのと (11)
御菓子司 むらもと 

御菓子司むらもと 真夏の「パイ饅頭」

パイ饅頭

パイ饅頭は、栗餡と林檎餡の二趣あります。 
暑い中での焼き菓子作りは、暑い&熱いのダブルがやってきます

ただ助かるのは、仕事場の湿度が下がることです。(気温はあがりますが)
蒸気が出る蒸し菓子や
湯気が出る餡炊きは湿度・温度ともに上がるので大変です


御菓子司むらもと 


御菓子司 むらもと 

菓子博で文科大臣賞受賞の工芸菓子展示 御菓子司むらもと

御菓子司むらもと (1)
御菓子司むらもと (2)
御菓子司むらもと



店内に新作の工芸菓子が展示できました。
新たに展示するにあたり、前のままだと進歩が無いと言う事で
少々アレンジを加えてみました。
まずは一度ケースから出された『彩秋瑞翔』です。
販売担当者はこの岩が好きだそうです。
・・・が、これがまた重いのです
砂糖で出来ています(中身は軽量化していますが)それでも重いのです
「このままお店に置けないの?」と言われてホッとしました。
でもそのままでは・・・と思い少しアレンジを・・・。
間違い探しではありませんが少し変わっていることに気が付く人がいるのでしょうか。
クイズにしたら楽しいかな?


本題の伊勢菓子博で展示した『薫風瑞翔』ですが
こちらも変更、アレンジしてみました。
ケースが黒色というのも少々関係ありますが
工芸菓子を置く台(板)を黒色にしました。
同じケースに『彩秋瑞翔』も加わるという事で
菓子博で展示したレイアウトでは入らないのでクロユリを移動。
白鷹が乗る松の関係でカキツバタの花の交換や高さの調整。

完成作品は是非、御菓子司むらもとにてご覧くださいませ。



御菓子司むらもと 村本賢治




御菓子司 むらもと