大阪府北部を震源とする地震で被災された方々にお見舞い申し上げます

この度の大阪府北部を震源とする地震で被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
皆様がご無事でありますよう心からお祈り申し上げます。


全菓連青年部中部ブロック
石川県菓子工業組合青年部
部長 岡崎 欣浩
青年部会員一同



全国組織

第7回虹を呼ぶコンサートにお菓子贈呈 のみこまつ支部

虹を呼ぶコンサート (1)
「第7回虹を呼ぶコンサート」

6月17日(日) 石川県小松市第一地区コミュニティーセンター





【御礼】
皆様におかれましては、ご多忙の折ご協力いただき、心よりお礼申し上げます。
のみこまつ支部皆様から提供いただいたお菓子は、障害のある子ども達やその家族に会場にて配布させていただきました。
演奏してくれた人たち、参加した人たち、そして我々実行委員も、皆様の温かい心を感じながらコンサートを楽しむことができました。
本当にありがとうございました。

虹を呼ぶコンサート実行委員会  定梶 公



虹を呼ぶコンサート (2)
虹を呼ぶコンサート (3)
虹を呼ぶコンサート (4)
虹を呼ぶコンサート (5)
写真撮影 虹を呼ぶコンサート実行委員会


のみこまつ支部



石川県菓子工業組合青年部のみこまつ支部

支部長 髙田 敦司



・行動するげん 

名水・桜生水で茶会 河田ふたば、和菓子「三千歳」振る舞う

河田ふたば
(北國新聞)

河田ふたば 

「夜舟(よふね)」新たな夏の風物菓子を 農菓プロジェクト

石川に新しい夏の風物菓子を!
「夜舟(よふね)」プロジェクト



夜舟 (1)
農菓プロジェクト「第2回見本市」 6月7日(木) 金沢市ものづくり会館












県内の農業者が、自慢の農産物を和菓子店主にプレゼン
夜舟 (2)
夜舟 (3)
夜舟 (4)
夜舟 (5)
夜舟 (6)
夜舟 (7)




夜舟 (8)
プロジェクト (1)
プロジェクト (3)
夜舟 (9)
夜舟 (10)
農菓プロジェクト

金沢から初参加 
粟森梅月堂、御菓子処美福、なかざき生菓子店、御菓子司つば屋
夜舟 (11)
「大変活気のあるプロジェクト。農業者の熱意もすごい」と粟森剛さん




プロジェクト (2)




「夜舟」とは御萩(おはぎ)の夏の正式名称です。

おはぎは、春は「牡丹餅」、夏が「夜舟」、秋は「御萩」、冬は「北窓」と呼び名が変わります。
現在はこのような呼称はほとんど使われておりません。



「牡丹餅」
牡丹の花が咲く春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆あんの様子を牡丹の花に見立てたことから。

「夜舟」
ぼたもちは、もちと作り方が異なり音を出さずに作ることができる。近隣の方たちにもちつきの音を知られずに出来上がることから 「つき知らず」「着き知らず」と言葉遊びで、夜は暗くて舟がいつ着いたのかわからないことから。

「御萩」
牡丹餅と同じく、小豆あんの様子を秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことから。

「北窓」
夜船と同じように「つき知らず」「月知らず」と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月が見えないのは北側の窓だということから。






北國新聞
(北國新聞)




石川県産の農産物を使った趣向凝らした新しい「夜舟」をお楽しみに!




「夜舟」
販売期間 7月12日(木)~16日(月)
販売場所 プロジェクト参加店、道の駅のと千里浜、アピタ松任、農家屋かわに、六星直売店すゞめ 金沢百番街店



石川 農菓プロジェクト


 石川 農菓プロジェクト 公式サイト






農×菓(のう・か)プロジェクト

季節の和菓子「手取鮎」は若鮎?子持ち鮎? 御菓子司むらもと

御菓子司むらもと



6月 御菓子司むらもとでは 和菓子の衣替え がはじまりました。

店内には冷蔵ケースも登場し、冷蔵販売する和菓子もご用意できました。







画像は、季節の和菓子「手取鮎」

「若鮎を通り越して、子持ち鮎のようですが・・・」(店主・村本賢治)

さて、どちらでしょうか?



御菓子司むらもと  石川県白山市鶴来本町








御菓子司 むらもと 

「百万石まつり2018」 6月1日(金)~3日(日) 石川県金沢市

百万石まつり

加賀百万石の伝統と文化を彩る金沢最大の祭り

金沢 百万石まつり

2018年6月1日(金)~3日(日)

石川県金沢市 各所






城下町金沢の勇壮かつ華麗な祭り「金沢百万石まつり」は、藩祖前田利家公が天正11年(1583年)金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業を偲んで開催されるもので、加賀百万石の伝統と文化を彩る豪華絢爛な一大イベントです。

そのメインイベントとして約4時間にわたって繰り広げられる「百万石行列」は、
6月2日(土)14時に金沢駅東広場前からスタートし、金沢城公園に入城します。


百万石行列2018

今年は、前田利家公役に俳優の高橋克典さん、前田利家公の正室・お松の方役に女優の羽田美智子さんが決定しました。


百万石まつり とは





百万石行列
これまでの歴史 (1)
これまでの歴史 (2)
これまでの歴史 (3)
(昨年のようす)














金沢 百万石行列でひときわ目を引く 赤母衣衆 (あかほろ しゅう)
赤母衣衆
母衣(ほろ)とは、戦国時代の伝令騎馬武者が矢を防ぐために背に装備した武具で、「母衣衆」は馬廻の中でも特に精鋭の者たちが選ばれました。


戦国

織田信長の軍には、赤と黒の母衣衆(それぞれ約10人)がおり、われらが前田利家は「赤母衣衆の筆頭」として数多くの戦場を駆けました。



スマホのない戦国時代、重要な情報の伝達はこの母衣衆が担当していました。

どんなに混乱する戦場でも生き残り、現場から現場へと只今の現状を伝えるそのため母衣衆とは、武功に優れたエリートが選抜されました。
なるほど主の側近中の側近であり、母衣衆の中からはのちに大名になる者もあらわれました。




戦国2
黒母衣衆の筆頭は佐々(さっさ)成政だったと言われ、彼は越中(富山県)国主にまでのぼります。
その後、前田利家は佐々成政を 末森城の戦い(石川県宝達清志町)で撃破。
前田利家は豊臣秀吉の天下統一をナンバー2として支えつづけました。

豊臣秀吉自慢の黄母衣衆は、主君であった信長の母衣衆に倣ったと言われています。









これまでの歴史 (5)
これまでの歴史 (6)
これまでの歴史 (7)



百万石まつり 2018




・きまっし石川

百万石まつり限定和菓子「珠姫てまり」をPR!

珠姫てまり (1)
珠姫てまり (2)
(北國新聞)






百万石まつり限定の和菓子「珠姫てまり」

「珠姫てまり」は、加賀百万石三代藩主前田利常公に御輿入れされた珠姫様をイメージして創作された和菓子。
金箔の華やかさと、手まり麩の可愛らしさを折り合わせ、珠姫さまが優雅に手まりと遊ぶ様子を表しています。
金箔をあしらい手まり麩をのせてあります。
珠姫さまが、てまりで遊ぶ様子が目に浮かぶ可愛らしい和菓子です。 
珠姫てまり
珠姫てまりは、金沢菓友会が1994年(平成6年)金沢菓子博のおり
開発したお菓子で、この「百万石まつり」 に合わせて
期間限定で販売されています。





・ほっとタイム 

金沢の中崎功雄氏 韓国ソウルにて和菓子作りの技を披露

「和菓子の魅力を伝えます」

中崎氏in韓国 (1)
韓国ソウルでの中崎功雄氏 (石川県金沢市 なかざき生菓子店)















山野之義金沢市長に出発のあいさつ
中崎氏in韓国 (2)
(北國新聞)



中崎氏in韓国 (3)
山野金沢市長と







韓国ソウルに到着した金沢市派遣団
中崎氏in韓国 (4)

多くの方々が足をとめて興味深そうに見ていました。
中崎氏in韓国 (5)
中崎氏in韓国 (6)
中崎氏in韓国 (7)
中崎氏in韓国 (8)
中崎氏in韓国 (9)
帰国後、山野市長に報告(北國新聞)




中崎氏in韓国 (10)
「韓国の方たちに、日本の和菓子文化にふれていただきました」

中崎功雄 なかざき生菓子店  石川県金沢市瓢箪町



なかざき生菓子店

祝!ご結婚! 粟森梅月堂 粟森 剛さん 紀子さん

粟森梅月堂  石川県金沢市大野町

祝!!友よ!!
祝!わが友よ!!











祝 ご結婚  粟森 剛さん 紀子さん
祝!!友よ!! (2)
結婚式・披露宴 2018年 5月 20日(日) 石川県金沢市大手町










式の直前、(予定通り)チームオレンジの仲間たちが祝福に集まりました!
集い☆
全員、いつも以上にウッキウキ(ウッキャウキャ)です

オレンジチーム (1)
(熱気ヤバくない?)   (・・・どしよ?)





粟森梅月堂の粟森 剛(つよし)さんと県職員の紀子(のりこ)さんは
石川県が推進している「オレンジリボン運動」で知り合いました。
絆
祝福
オレンジリボン運動とは、
子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、
子ども虐待をなくすことを呼びかける運動です。



『子どもの笑顔を守ろう』
オレンジチーム
長年にわたり「親子で一緒に和菓子作り体験」事業を、全員一致協力して継続しています。








Friends of the life

お祝い発起人 和菓子チームリーダー 中村辰男さん
「あわ。ホントにおめでとう」 粟森さんを弟と思う中村さん、嬉しそうです。
オレンジチーム (2)
「オレンジチーム」とは、オレンジリボン運動を展開する
石川県健康福祉部少子化対策監室家庭福祉グループと石川県の和菓子職人で構成する、いかなる時も息の合った連携をみせるコラボ組織です。



オレンジチーム (3)
オレンジチーム (4)
オレンジチーム (5)




仲間たちから祝福されるお二人
オレンジチーム (6)
オレンジチーム (7)
オレンジチーム (8)


異動の県職員に、中村さんから花束贈呈
オレンジチーム (9)
オレンジチーム (10)
オレンジチーム (11)

お二人の未来に! 乾杯!
オレンジチーム (12)
オレンジチーム (13)
オレンジチーム (14)



おめでとうございます
オレンジチーム (15)
オレンジチーム (16)



青年部より
菓子工業組合青年部の後輩たちより  若手からも愛される粟森さん




結婚披露宴
祝!!友よ!! (4)
祝!!友よ!! (5)
新郎の粟森 剛 さん、和菓子作りの技を披露!



祝!!友よ!! (6)




美しく、清楚で朗らかな花嫁と、目を潤ませる新郎の粟森さん
祝!!友よ!! (7)
剛さん 紀子さん 末永くお幸せに 









「みなさん、ありがとうございます!」
オレンジチーム (17)
オレンジチーム (18)








チームオレンジ(石川県&菓子工業組合)の絆を、さらに強くするお二人です
祝!!友よ!! (1)


拡大
拡大画像






粟森梅月堂  石川県金沢市大野町

粟森 剛  紀子








粟森梅月堂

創業明治38年 田中屋 田中伸治社長が登場!

田中屋は明治38年創業。

伝統の技を受け継ぎ、四季の彩りを添えた田中屋の『和菓子ものがたり』。
和菓子が持つ懐かしさを感じさせる日本の文化と味覚の繊細さをご賞味ください。






ほぼ本人!ソックリ! 漫画家村瀬いくえさん、お見事です!
女流俳人・加賀千代女生誕の地をいくと、田中屋さんが。
アクタス
月刊北國アクタス6月号 北國新聞社






田中屋 (1)
田中屋 (2)

田中屋  石川県白山市東新町



田中屋 

和菓子の力 石川県菓子工業組合事業企画委員 那谷忠之

全国菓子工業組合連合会 発行「菓子工業新聞」 2018年 5月15日


全菓漣 (1)
全菓漣 (2)






ある年配の男性が『菓子教室はしたくない、お茶も飲みたくない、でもお菓子は欲しい』と言ってきたのです。
大急ぎで上生菓子(天の川)を作り、その方にお渡ししました。
しばらくすると、またその男性が現れ『もう一度さっきのお菓子が欲しい』と。再び渡すと、その男性はご自身が生活している区間へ行き、直ぐに戻って来て、ポツポツと話をし始めてくれました。『貰った上生菓子を、歩くのが困難な妻へ持って行ったところ、こんな美しいお菓子は今まで見た事もなく、とても喜んだ。だからお礼を言いに来た』と。

全菓漣 (3)

全菓漣 (4)


この男性と出会った事で『和菓子は和む菓子、菓子が持つ魅力やパワーは素晴らしい物である』事を認識し、菓子を生業にできる事の誇りが生まれました。

石川県菓子工業組合事業企画委員・那谷忠之


松葉屋 

「不変のこころ」で 静かに変わり続ける 柴舟小出 創業100年

挨拶する 小出 進 代表取締役社長

小出進氏 (1)

2018年 5月16日  株式会社 柴舟小出 創業100年 感謝の会



小出進氏 (2)
先達への感謝











不変の心
北國新聞


100周年
歴史 (1)

あゆみ (1)
あゆみ (2)
100周年



北國新聞・翌日




北國新聞全面


北國新聞 拡大
北國新聞 拡大




北國新聞 (2)北國新聞 (1)
(クリック 拡大)






「手のぬくもり」が伝わる菓子づくりを

「不変のこころ」で静かに変化し続ける

柴舟小出  石川県金沢市



柴舟小出